懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第10回 宇奈月温泉街を歩く
PC271925.jpg

富山地鉄本線の終点、宇奈月温泉に到着。11:53着。
ホームは島式の1面2線。

PC271926.jpg

温泉街の終着駅は友人駅。
天井とかはリニューアルされたような感じですかね。

PC271927.jpg

宇奈月温泉駅(富山県黒部市宇奈月温泉)
1923年に桃原駅として開業し、翌年1924年に宇奈月駅に改称。
現在の宇奈月温泉駅になったのは1971年のこと。
橋上駅舎の入口には宇奈月温泉を使った温泉噴水が。

PC271929.jpg

温泉街の裏手を抜けて黒部方面へと続く地鉄の鉄路。

PC271930.jpg

宇奈月温泉街の町並み。
おみやげ屋が軒を連ね、昭和の雰囲気が残る温泉街。

PC271933.jpg

宇奈月の共同浴場、宇奈月温泉会館でひとっ風呂。
古びたビルの1階にある年季の入った共同浴場。
お湯は少し熱め、無色透明の湯ですが、ボーッと入って気持ち良かったです。

なお、2016年春に「湯めどころ宇奈月」という新しい施設がオープンしたのを受けて、
この宇奈月温泉会館は閉館してしまったようです。。。

PC271937.jpg

風呂のあとは温泉街をフラフラと歩き回ります。

PC271938.jpg

山々に抱かれた宇奈月温泉。
建物の隙間からも雪化粧の山が顔を覗かせます。

PC271939.jpg

宇奈月郵便局前の風景。

PC271940.jpg

温泉街自体はとても小さく、150m四方くらいですっぽり収まるくらいの規模。

PC271941.jpg

温泉街の入口、そして富山地鉄で一番奥にある踏切…。

PC271943.jpg

11:53着で13:10発。滞在時間は77分間。
最後にお昼に食べられるものを探して歩きましたが、お昼らしいものは手に入らず、
結局お酒とパンのようなものを買って列車に乗り込むのでした。

なお、ここから更に奥の欅平まで黒部峡谷鉄道が走っていますが、冬は運休しているため
奥へは入り込めず、このまま黒部方面へ戻るかたちとなります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1712-4cbd4f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)