懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第11回 若栗駅の木造駅舎
PC271946.jpg

宇奈月温泉駅から8駅ほど戻って途中下車。
山が迫る谷から抜け出し、平野部に出て少し進んだ所にある若栗駅。
2015年に開業した北陸新幹線の新駅・黒部宇奈月温泉駅から割と近い駅になります。

PC271948.jpg

若栗駅(富山県黒部市若栗)
1922年開業。外壁がトタンで覆われた草臥れた木造駅舎があります。
竣工年度は不明ですが、恐らくは開業当初からのものと想像されます。
周囲は田園地帯で、とても開放的。立山連峰がよく見えます。

PC271953.jpg

一部剥がれ落ちた古い駅名板。

PC271955.jpg

これは新しい方の駅名板。

PC271958.jpg

とても小さな駅舎内は、ベンチに数人が腰掛けられる程度です。
駅舎というか、待合所といった感じですね。
事務室に相当するスペースはなく、恐らく開業時からずっと無人駅なのでしょう。

PC271962.jpg

若栗駅の駅前風景。左手の建物が駅舎です。
駅舎前に細道が通っていて、踏切を越して奥へと続いています。
いわゆる「駅前」感がほとんど感じられない駅前の風景。

PC271965.jpg

ここからは歩いて行ける範囲に複数の木造駅舎があるので、徒歩移動です。

PC271967.jpg

地鉄本線に沿って走る県道14号線を西へと歩きます。
沿道には薪小屋と思われるこんな建物も。
りんご狩りができるという果樹園なんかもありました。

PC271968.jpg

前方に見えているのは、北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅。
この時はまだ開業前。(2014年12月の訪問、北陸新幹線開業は2015年3月)

若栗駅から歩いている時にこんなに近く見えるんですが、北陸新幹線開業と同時に
地鉄本線に開業した新黒部駅と若栗駅とは2駅離れているんですよね。
いかにここら辺の駅間距離が短いかが分かるかと思います。。。



続く


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1713-688f3918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)