懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第20回 上枝駅の木造駅舎
PC282244.jpg

国府駅前で乗ったバスは、八千代橋バス停で下車します。
今回のお題にしている上枝駅の最寄りがこちら。

バス停は国道41号沿いにあり、バス停の名前になっている八千代橋で宮川を渡り、
350mほど進んだところに、目的の上枝駅があります。

PC282246.jpg

八千代橋を渡ります。歩道が雪で真っ白。

PC282247.jpg

冬の宮川の流れ。
北を向いての撮影です。

PC282251.jpg

上枝駅の木造駅舎が見えて来ました。
八千代橋からは真っ直ぐの道なので迷う心配はありません。

「ひだまりの湯」の黄色い看板が目を惹きますが、調べてみると上枝駅から南へ1.6km程
離れていて、歩くと20分くらいかかるみたいですね。
入浴料は若干高いですが、宿泊もできるようで、割と安いです。

PC282252.jpg

上枝駅(岐阜県高山市下切町)
1934年開業。開業当初からの木造駅舎が今も現役で使われています。
駅名は、当時ここにあった上枝村に由来するそうです。
上枝で「ほずえ」は立派な難読駅名ですよね。

PC282255.jpg

無人駅の上枝、駅舎内には地元小学生が制作した木のSLが置かれていました。

PC282258.jpg

歩いてきた駅前通りの風景。
周辺は住宅街になっていて、それなりに人口はありそうです。

が、上枝駅の2014年度、一日平均乗車人員はわずかに12人。
本数があまりないとは言え、高山の隣駅でこの数字は寂しいモノがありますね。

PC282260.jpg

建物資産標。昭和9年10月竣工。開業当初からですね。

PC282264.jpg

対面式の2面2線、交換可能駅で、両ホームは跨線橋で結ばれています。
駅舎があるのは1番線、上り(高山方面)ホーム側。

PC282265.jpg

ホームから見下ろす木造駅舎。
結構高低差があります。

PC282267.jpg

ここから高山行きの普通列車に乗るプランなのですが、雪の影響で数分遅延ということで
駅舎の軒下でボーっと列車を待ちました。
ホーム側から見る上枝駅の木造駅舎は正面側よりも古さが感じられて、良かったです。

PC282269.jpg

ホームへは階段以外にスロープもあります。
バリアフリー対応ですか。でも1番ホームだけですけどね。

PC282271.jpg

最後は駅舎の軒先にできたつららを撮影して遊んでいました。

PC282285.jpg

結局8:26発が11分遅れて8:37に高山行き普通列車が到着。
まぁ、それでも次の行程には影響しないので問題なしです。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1722-36fe4fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)