懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第21回 飛騨一宮水無神社と霧氷
PC282289.jpg

上枝から乗り込んだ列車は、ひと駅で終点の高山に到着しました。
朝に出発した高山駅に3時間ちょい振りに戻って来たことになりますね。

国鉄型気動車が並ぶ駅の風景、これも近い将来見られなくなる光景ですよね…。

PC282290.jpg

高山駅は国鉄時代の駅舎が使われてきましたが、改築されるということで、
旧駅舎は閉鎖され、改札口も仮設の状態となっていました。

PC282297.jpg

表から、塀で囲まれた旧駅舎。
現時点ではすでにこの駅舎は解体されており、この場所に近代的な駅舎が建っています。
学生時代から5~6回は訪れた高山ですが、これが旧駅舎との最後のお別れとなりました。

さて、ここからは再び濃飛バスにお世話になります。
というか、この日の行程は普通列車の本数がかなり少ない高山線の駅めぐりになるので、
かなりバスに頼るプランとなっていますので予めご了承下さい…。

PC282305.jpg

高山駅前の濃飛バスセンター9:05発の下呂バスセンター行きを利用し、飛騨一之宮へ。
高山~下呂はこの下呂線を組み合わせることで、かなり利便性がアップします。
高山から飛騨一之宮へは所要15分。飛騨一之宮 9:20着。

PC282307.jpg

ここで目にしたのは、素晴らしい霧氷の木々でした。
抜けるような青い空に映える雪の白さが強烈に印象に残っています。
高山駅ではどんより曇っていたんですけどね。。。

PC282311.jpg

霧氷なんて全く期待していませんでしたからね。
予想外の幸運に、ひとり静かにテンション上がっていました…。

PC282310.jpg

地名・駅名にもなっている、飛騨一之宮(駅名は飛騨一ノ宮)。
こちらが飛騨国一之宮である飛騨一宮水無神社。
参道に陽が射して神々しいまでの美しさでした。

PC282312.jpg

本殿は山かげになるので陽が当たっていませんでしたね。
年末年始に向けて、本殿ではいろいろと準備が進められているようでした。

PC282319.jpg

境内にある、水無神社の絵馬殿。

PC282322.jpg

粉雪が舞い、陽の光を受けてキラキラと輝きます。

PC282326.jpg

水無神社付近、古い旅館のある風景。
この道も地図で見ると古くからあるルートのように思われます。

PC282330.jpg

PC282341.jpg

再び霧氷に捕まっていました…(笑)
飛騨一ノ宮では、次の普通列車が来る10:33まで1時間強の時間があったので、
心行くまで撮影を楽しんだのでした。
この後は歩いて飛騨一ノ宮駅へ。徒歩5分程度の距離です…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1723-57e3475d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)