懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第29回 飛騨金山の町並み~中編
PC282586.jpg

金山の町へと入って来ました。
上の写真は、恐らく町の中心地と思われる十字路から、北を向いて撮影。
こちらにも多くの商店が軒を連ねています。

PC282589.jpg

石田とうふ店のある細い路地に入り込みます。

PC282591.jpg

こんな細い道に、商店の入口なんかがあって面白い。

PC282596.jpg

路地から表通りに出ると、そこには杉玉が懸かった立派な酒蔵がありました。
こちらは奥飛騨酒造さん。銘柄は「奥飛騨」「初緑」など。
1720年創業で300年近い歴史を誇る老舗です。

PC282600.jpg

奥飛騨酒造さんから再び十字路方向へ戻ります。

PC282603.jpg

シャッターが目立つので少し寂しいですかね。
年末の日曜日だから、ということでしょうか。

PC282608.jpg

少し裏通りを経由して、加納食料品店さんのある十字路(三叉路?)へ。

PC282610.jpg

そしてここからが金山散策のメインイベント…。
建物に挟まれた狭い道が、裏手に向かって下って行きます。

PC282616.jpg

う~ん、これは凄いですね。
隠れた水路沿いに、細い小径が奥へと続いています。
こういうの大好きなんですよね。ワクワクが止まりません。

PC282620.jpg

筋骨(きんこつ)とは、飛騨地方の呼び名で「路地裏や赤道(あかみち)」のことを言います。
人間の体に例え、筋(すじ)や骨のように複雑に絡み合った『細い裏道』のことです。
飛騨街道金山宿に張り巡らされた「筋骨」は公道ですので、誰が通ってもOKです。
ただし、民家が隣り合い、現在も生活道として地元の方々が利用していますので、
声を掛け合って散策をお楽しみください。


以上、金山町観光協会HPより引用。

PC282621.jpg

金山散策、長くて申し訳ありませんが、もう1回続きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1731-ddc83776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)