懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.2 奥伊吹・甲津原集落の風景
P2218860.jpg

今回は昨年度の冬のネタです。
今季は雪の多い冬となっていますが、昨季は雪少なかったですよね。
雪遊びがしたいということで、近畿圏内である程度の積雪がある場所を探し、
滋賀の奥伊吹スキー場にやって来たのでした。

P2218889.jpg

積雪が少ないので、ノーマルタイヤでスキー場まで来ることができてしまいました。
毎年こういう訳にはいかないでしょうからね。この年に行っておいて良かったなと思います。
自分、雪道運転は経験ゼロですので…。

奥伊吹スキー場は設備も整っているし、子供向けエリアもちゃんとあってなかなかです。
人出も結構多く、近畿では良いスポットなんだろうと思いましたね。

P2218893.jpg

さて、今回はスキー場の紹介ではなく、奥伊吹スキー場の手前にある甲津原集落が
メインとなります。往路で気になったので、復路で少し立ち寄ってみました。

P2218894.jpg

甲津原は伊吹山の北麓の谷にある、最奥の集落。
奥伊吹スキー場へ公共交通機関で訪れる場合は、JR近江長岡駅から湖国バスで
この甲津原(終点)まで来てから、送迎サービスを利用するんだとか。

P2218896.jpg

P2218897.jpg

雪が舞う中、古き良き日本の山村風景の中を歩きます。

P2218898.jpg

P2218899.jpg

甲津原を含む「東草野」と呼ばれるエリアは、2014年に「東草野の山村景観」として、
国の重要文化的景観に選定されています。
あんまり知られてないですよね。まぁ、如何せん不便な奥地ですからね。
雪遊びにやって来て、期せずして素敵な景観に出会えました。

P2218901.jpg

スキー場の最寄りの集落ということで、スキー客目当てのお宿なんかもあるようですが、
全体的には「廃」の空気が漂っていたようにも思えます…。
ちょっと芸備線の道後山のような雰囲気も感じました。あそこまでディープではありませんが。

P2218904.jpg

帰り道に、ずっと「行くとこリスト」に入れていた須賀谷温泉へ、日帰り入浴のために
立ち寄りましたが、なんと日帰り入浴の受け入れ時間を過ぎていたようで、残念ながら退散。
これはまたいつかリベンジしなければなりませんね…。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1735-5a81ecf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)