懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 秋田旅行記 第8回 能代の町を歩く
P3059162.jpg

P3059163.jpg

P3059165.jpg

P3059167.jpg

P3059168.jpg

P3059169.jpg

P3059170.jpg

P3059172.jpg

P3059173.jpg

P3059174.jpg

P3059176.jpg

P3059178.jpg

P3059185.jpg

能代駅から近いエリアである畠町・柳町を歩いてみました。
やはりシャッターを下ろしたままのお店が多く、特に畠町の商店街は凄かったです。。。
何でも、郊外を通るバイパス沿いにいろいろなお店ができたせいで、市の中心部の
商店が軒並みやられてしまった、ということらしいですね。

秋田杉の産地、積出港として栄えた歴史ある町だけに、今の衰退ぶりは寂しいですね。
地理的な問題で市の中心部に奥羽本線が通らなかったのも原因のひとつかも?

時間は30分程度しかなかったので、まだ市内は全然歩けていないのが正直なところ。
能代駅に着く手前で煙突から煙を上げる恐らく銭湯らしき物件もありましたし、
能代川の向こうにある向能代駅は木造駅舎ですし、まだ行くべき場所を残したままです。
またの機会を待ちたいですが、木造駅舎や銭湯が生き残っていてくれるかどうかは…。

そんな能代からは、鉄路ではなくバス移動です。
秋田県北部を縄張りにする秋北バスにて。
能代駅前10:10発の二ツ井駅前行きに乗り、雪化粧の白神山地を眺めつつ、
次の訪問駅へと向かいました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1745-14e30e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)