懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 秋田旅行記 第12回 一路、男鹿半島へ
P3069308.jpg

大館駅に到着。
前回の旅でも今回の往路でも、大館で乗り換えましたが、駅外に出なかったので
外から駅舎を眺めるのはこれが初めてであります。
横長の二階建て駅舎は、国鉄時代のスタンダード駅舎といった感じですね。

P3069306.jpg

駅前の角には、名前が読めない古い商店が営業中。
建物の上部には何か看板が掲げられていた跡ですかね、色の違う場所が。
恐らく周りが色褪せただけで、もともとはこの濃い色だったんだろうと想像します。

P3069310.jpg

大館駅前のハチ公像を見てから、駅舎内の売店でお土産を購入。
12:09発の秋田行き普通列車で大館の町をあとにしたのでした。

P3069316.jpg

往路と同じルートをひたすら戻るのみ。
ロングシートの2両編成で、ずっと曇天の社葬風景を眺めておりました。

P3069320.jpg

往路も復路もスルーしてしまった、羽後飯塚駅の木造駅舎。
隣の大久保駅は2015年に改築されてしまいましたし、この羽後飯塚駅も危ういかも…?

P3069322.jpg

追分駅で男鹿線に乗り換えて、男鹿半島を西へ。(追分 13:38着、13:58発)

P3069324.jpg

男鹿線の各駅の駅名板には、なまはげが描かれています。

P3069326.jpg

何か駅名ばかり撮影してますね、この時の自分は。

男鹿線は男鹿半島の南側を行くのですが、微妙に海から離れているので
残念ながら車窓から海を見ることはできません…。

P3069328.jpg

この大きな水路は川ではなく、八郎潟と日本海とを繋ぐ、船越水道と呼ばれる人工水路。
横にズラッとならんでいるのは、八郎潟防潮水門。

P3069330.jpg

これは船越駅停車中の一枚。
駅前にバスのロータリー、その奥に駅前旅館の杉渕旅館さん。

P3069332.jpg

寒風山を眺めながらの男鹿線の旅。
そろそろ下車駅が近づいて来ました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1749-0f452ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)