懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 秋田旅行記 第13回 脇本駅の木造駅舎
P3069333.jpg

終点男鹿の2駅手前、脇本駅で途中下車します。14:26着。
単線の男鹿線において列車交換が可能なのは、二田駅とここ脇本駅のみ。

P3069335.jpg

構内踏切の先に、お目当ての木造駅舎。
明るい青色の屋根が印象的。

P3069341.jpg

脇本駅(秋田県男鹿市脇本)
1914年開業。駅舎は開業当初からの木造駅舎。

築102年。
そして、この駅舎は築103年を迎えることなく、役目を終えてしまいました…。
自分が訪問したのが2016年3月、そして同9月に建て替え工事が始まったとのこと。
今は既に新駅舎の供用が開始されています。。。

隣の羽立駅も木造駅舎が建て替えられてしまいましたし、男鹿線にはもう立ち寄りたいと
思う駅は無くなってしまったなぁ、というのが正直なところ。

P3069347.jpg

自由に使える座布団が有難いですね。
新駅舎にもあるのでしょうか…。

P3069348.jpg

2011年までは有人駅だったそうです。
窓口はボードで塞がれてしまっていました。

P3069352.jpg

建物財産標 鉄 本屋1号 (駅) 大3年10月

P3069344.jpg

駅前には車が展開するスペースが取られています。
アスファルトがボロボロ。

P3069353.jpg

この塗装が剥げた感じも好きですねぇ。

P3069354.jpg

駅の左手に見えるこの物件が気になりました。
調べるとJA秋田みなみの加工場のようです。

P3069355.jpg

滞在中にタクシーがやって来て駅舎の脇で客待ちを始めました。
常駐しているかは不明ですが、少なくともタクシーの待機場所があるということで、
ある程度タクシー需要のある駅、ということでしょうかね。

P3069357.jpg

駅前の集落には、小さな水路が伸びていました。

P3069359.jpg

脇本駅前簡易郵便局。

P3069362.jpg

表通りの県道沿いに酒屋さんが営業中だったので一本購入。
男鹿線は本数がそんなに多くないので、ここからは路線バスを利用します。
秋田中央交通バスの船越・潟西南部線。
船越駅と脇本駅、そして男鹿駅へのアクセスが可能な路線で、羽立駅も行けますかね。
土日祝日は4往復と、便数はありませんが、ハマると使えます。

脇本駅14:48発、みなと病院行きに乗り込み、男鹿駅を目指します。
自分が乗った時点で乗客はゼロ。
ビール片手に運転手さんと雑談をしながらの路線バスの旅でした…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1750-ae42fb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)