懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 秋田旅行記 第15回(最終回) 羽後牛島駅にて
P3069416.jpg

今回が秋田旅行記の最終回です。

男鹿から秋田で一度乗り換えて、秋田の隣の羽後牛島駅で下車しました。16:48着。
ここがこの旅最後の訪問地。もちろん、木造駅舎が目当てです。
見ての通り、ホームから駅舎がかなり離れています。

P3069418.jpg

反対側に目をやると、自分と同じ列車から下車した方々が、団地の方へ去って行きます。

P3069419.jpg

男鹿駅と同じく側線が多い羽後牛島駅構内。
ここも過去に貨物輸送の取り扱いがあった駅で、側線は貨物列車用だった、とのこと。

P3069420.jpg

さて、この羽後牛島駅ですが、1枚目の木造駅舎の方には駅としての機能はなく、
島式ホーム上に改札口があり、そこから地下道で駅の両側に出られる構造になっています。
ここはしっかり有人駅で、しかもみどりの窓口も完備。

P3069422.jpg

地下道を抜けて木造駅舎側に出て来ました。
なお、この地下道は駅の両側を繋ぐ自由通路として利用可能です。

P3069425.jpg

羽後牛島駅(秋田市牛島西)
1921年開業。1944年に現在の駅舎に改築されています。
駅の事務室がホーム上に移ったのは1994年のこと。
それまではこの駅舎が活躍していた、ということですね。

P3069430.jpg

2015年度、一日平均乗車人員は670人。

P3069433.jpg

駅舎側の駅前風景。だだっ広いですねぇ。
駅前はこんな感じですが、周囲は結構な住宅街になっています。
670人なので利用客数もそれなりに多いですね。

P3069435.jpg

建物財産標。昭和19年=1944年。

P3069437.jpg

ボードで塞がれた窓口。
きっとベンチも置かれていたでしょう。
ひとり、かつての駅舎について想像していました。。。

P3069441.jpg

駅の構造のイメージ図。

P3069443.jpg

羽後牛島駅の東側を通る国道13号線の橋の上から撮影。
柵の目が細かく、撮影しづらいですね…。

P3069446.jpg

さて、橋の上から羽後牛島駅に別れを告げます。あとは飛行機で大阪に帰るのみ。
ここで下車したのは駅舎を見るのも目的のひとつですが、実はこの国道沿いに、
秋田空港に向かうリムジンバスの停留所があり、直接空港に向かうことが可能だからです。

市営団地前バス停からリムジンバスに乗り込んだところで、旅行記を終えたいと思います。
空港では日本酒やきりたんぽ鍋セットなんかを購入して家族へのお土産としました。

時間の制約がある中、結構楽しい旅ができたかなと思います。
特に今回の旅で秋田の日本酒の美味しさを再認識しました。
また飲みに行きたいですねぇ(笑)


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1752-0bf9c535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)