懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 春の徳島旅行 第2回 大浜海岸にて
P4020237.jpg

日和佐に来てここは外せないですね。
ウミガメ産卵上陸地の大浜海岸です。
天気が良ければ青い海がキレイなんでしょうね…。

P4020279.jpg

この日は海はかなり荒れていましたね。
海岸に波の轟音が響いていて、観光客みな驚いてました。自分を含めて。

P4020282.jpg

緩やかな弧を描く大浜海岸。ウミガメ産卵地として保護されている海岸で、
普段から波も強いこともあり、遊泳禁止だそうです。

ウミガメの産卵は5月中旬から8月。
自分の背後には「うみがめ荘」という国民の宿(国民宿舎ではない)があり、
期間中に宿泊すると、晩にウミガメが上陸すると起こしてくれるそうです。
まぁ、ウミガメは毎日来る訳ではないので、産卵が見られるかどうかは運次第。

P4020242.jpg

海岸の前には、ウミガメについて学ぶことができる「日和佐うみがめ博物館カレッタ」という
施設があります。

⇒ 日和佐うみがめ博物館カレッタ HP

P4020247.jpg

展示だけでなく、生きたウミガメも見られます
こちらはアカウミガメの子供。
遠目に見ると可愛いですが、顔をよく見ると爬虫類の顔してますね。

P4020250.jpg

こちらは絵。

P4020252.jpg

こちらは記念撮影用。

P4020271.jpg

餌やり体験や、子亀に触れることもできたり、子供も大人も楽しめる施設です。
亀仙人みたいに甲羅を背負うこともできます(笑)

商業施設というよりは、ウミガメの保護を第一に活動している施設というところに
好感が持てました。

P4020275.jpg

館内から眺める大浜海岸。一瞬ですが青空が少しだけのぞきました。

P4020289.jpg

博物館をあとにして、ちょっと近くの恵比須洞というところに寄り道。
大浜海岸から木岐に向かう県道25号線沿い、海岸を大きく回り込むように走ると、
小さな半島の付け根に案内板と数台駐車可能なスペースがあります。

全く期待せずに寄ってみたんですが、道から遊歩道を行くと、なかなか凄い迫力。

P4020295.jpg

恵比須洞とはこの小さな半島を貫通している海蝕洞。
直径30m、奥行き40mのサイズで、徳島県の海蝕洞の中では最大、とのこと。

洞穴の前を通ってから坂道を登り、海蝕洞の上を歩いて一周する遊歩道があって
歩いてみたんですが、これがアップダウンが激しくてかなりキツい道でした(汗)
海蝕洞の上あたりからは外洋を望む展望所があったんですけど、この曇天では…。

P4020300.jpg

恵比須洞と大浜海岸の間にあるホテル白い灯台あたりから、大浜海岸を一望。

P4020302.jpg

同じ場所から望遠レンズで撮った日和佐城。(彩度アップしてます)

P4020307.jpg

最後は日和佐駅の裏手にある道の駅日和佐に立ち寄ってお買い物。
休憩室からは日和佐駅を眺めることができました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1759-e6d742f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)