懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 春の徳島旅行 第5回 椿泊集落を歩く~後編
P4030433.jpg

狭くて楽しい椿泊集落歩きの後編です。

この窓際に手摺りの付いた家というのが多く、これが椿泊集落の特徴とのこと。

P4030436.jpg

細く、長く、ずっと続いて行く町並み。

P4030439.jpg

見て下さい、この謎のクランク…!
自分の見立てでは、車で潜入した場合はここが最難関と思います。
地元の方の軽自動車でも少しタイヤを擦ったりしてましたから。

でもこの奥にワンボックスとか停まってたりするんですから驚きです。
上手くさばけば無傷で通れるもんなんですねぇ。。。

P4030446.jpg

このタイルは何かの商店の跡でしょうか。。。
道中に商店はゼロではありませんが、ほぼ無いです。
でも棚橋豊福堂という和菓子屋さんがあったのには驚きました。

⇒ 棚橋豊福堂さんの紹介ページ

P4030448.jpg

狭い道が続きすぎて、これでも広いんじゃないかと思えて来ました。
完全に感覚がマヒしてますねぇ(笑)

P4030450.jpg

出窓にさり気ない意匠を発見。

P4030451.jpg

最初に宿泊するつもりだった「ゆきや荘」さん、火事の後に新しく建て直したらしく、
ちょうど自分たちが訪れた時に竣工式のようなものが執り行われていました…。

P4030452.jpg

因みに、ゆきや荘さんに泊まる場合、自分たちと同じように漁協あたりに車を停めて
宿の送迎車でここまで連れて来てもらえるそうですが、その道中がアトラクションのようで
かなり楽しいらしいですよ。次はそっちも体験してみたいところです…。

P4030453.jpg

自分たちは車での訪問でしたが、公共交通機関を使うことも可能です。
阿波橘駅から1.5km程の橘営業所バス停から徳島バス阿南・椿泊線で約30分、
終点の小吹川原バス停が、椿泊漁協前になります。

P4030464.jpg

現代の車にはマッチしない狭さの、古くからの集落内の道。
道に迫る古い木造家屋群。
椿泊の町並みはタイムカプセルさながらです。

P4030465.jpg

椿泊集落の中心部あたり、満開の桜が素晴らしい佐田神社。
道中に地元の方に教えて頂いたスポットで、ここを集落散策の折り返し地点としました。
桜だけでなく、灯篭の隣にある小さな時計台も印象的ですね。

P4030466.jpg

少しピンク色が強いようにも感じる美しい桜。
高遠のタカトオコヒガンザクラを連想します。

P4030468.jpg

秋にはこちらで豊漁を祈願する例大祭が行われるんだそうです。。。

P4030470.jpg

佐田神社の境内から見下ろす椿泊集落。
ここが恐らく一番平地の幅があるポイントかと思いますね。

この後は前回記事に書いたとおり、一度車を取りに戻ってから家族を拾いに
集落内をノアで走ったのでした。今回記事のクランク部分までは行かず。
まぁ、たぶん自分の技術では通り抜けられないと思いますが…。

椿泊を離脱した後は、徳島市内で少し観光してから大阪に戻ったのですが、
そこらへんは特にアップするような写真もないので省くことに致します。。。

春の徳島旅行はこれにて終了。
そしてちょうど今、今年の恒例旅行の真っ最中。
小豆島を巡っていますが、この旅の記事化はいつになることやら…。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1762-736dc5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)