懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 南海・井原の里駅まで歩く
P3219841.jpg

つばさ通り商店街のアーケードは、途中で春日通り商店街という名前に変わります。
春日通り商店街にあった、天ぷら・蒲鉾の石原商店さん。

ここは人気のお店らしく、ひきりなしにお客さんがやって来ていました。
ひと気の疎らな商店街だけに、かなり目立った存在かと思います。
自分も美味しそうな蒲鉾に惹かれて自宅用にひと包購入しました。。。

P3219842.jpg

かなり駐車車両に対してナーバスになっていると思われる張り紙。
取りあえず、ここで買い物しない人の駐車はやめましょう。
「和歌山側から来るな」って「和歌山人お断り」みたいに読めなくもない…?

P3219844.jpg

春日通り商店街のアーケードが尽きたところに、春日神社がありました。
通りの名前はこの神社が由来ですね。

P3219847.jpg

旧街道を北東へ向かい、隣の井原の里駅を目指します。
春日神社あたりから井原の里駅までは距離にして約1.6km、所要20分くらい。

P3219848.jpg

P3219849.jpg

道中で見かけた泉州名物・がっちょの唐揚げというのに惹かれ、思わず購入。
がっちょとは大阪湾でよくとれる「めごち」という魚。
これを骨まで食べられる唐揚げにして販売しているのは、かねひろさんという
元鮮魚屋さん。今はがっちょの唐揚げの専門のお店になっているようです。

自分がお店にいる時にも、地元の子が小銭を握り締めて買いに来てましたし、
結構地元のみなさんに愛される食べ物なのかも知れませんね。
今後も関空からの帰りに買いに立ち寄るってのはアリかも…?

P3219853.jpg

そして到着した井原の里駅。
間をすっ飛ばした感はありますが、歩いた県道63号線沿いは特筆する物件もなく、
写真も何も撮らずにただ歩いただけでしたので…。

P3219852.jpg

井原の里駅(大阪府泉佐野市下瓦屋)
1952年に鶴原駅と泉佐野駅との間に新設開業した駅。
駅舎はそうは見えませんが木造モルタル製だそうです。
左側に傾く屋根が特徴でしょうか。

P3219856.jpg

対面式の2面2線。アクセスは構内踏切で。

P3219859.jpg

2015年度、一日平均乗車人員は1,575人。

P3219864.jpg

停車するのは普通列車のみ。
通過していく優等列車を眺めながら、難波方面への列車を待ちました。

P3219867.jpg

この後もう一箇所だけ寄り道をしたので、次回も続きのネタをお送りします。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1778-12f3f9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)