懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.1 新春福島旅行 第3回 佐和駅の木造駅舎
P1033922.jpg

東海駅からひと駅だけ戻って佐和駅へ。9:35着。
ここが今回の旅で最初の木造駅舎になります。

P1033924.jpg

ホームは対面式の2面2線。
下車した2番ホームから見る駅舎は、木造感は薄いですね。

P1033926.jpg

跨線橋から佐和駅構内を北向きに撮影。
駅舎の茶色い屋根がよく見えました。

P1033934.jpg

P1033931.jpg

佐和駅(茨城県ひたちなか市大字高場)
1897年開業。駅舎は開業から9年後の1906年に竣工したという木造駅舎がまだ現役。
2015年度、一日平均乗車人員は3,796人。

P1033930.jpg

駅前の様子。ここ佐和駅も、前回紹介した東海駅同様に水戸のベッドタウンとして
開発が進んでいるらしく、駅の利用者数も微増傾向にあります。

P1033935.jpg

常磐線の上野~いわき間には木造駅舎がほとんど残っておらず、その中においては
とても貴重な存在と言えるでしょう。

P1033936.jpg

建物財産標。M-39とあります。
明治39年=1906年。

P1033938.jpg

そろそろ次の列車の時間。9:50発の高萩行き普通列車にて、次を目指します。
佐和駅での滞在時間は15分間、でした。

P1033939.jpg

佐和からは、常磐線を北上して行きます。
よくある話ではありますが、海沿いを行くと思いがちな常磐線は意外と海が見えないんです。
初めて海が拝めるのは常陸多賀から日立に向かう途中くらいから。
気持ちよく晴れ渡る空の下、濃紺色の太平洋が広がるのでした。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1787-a402190b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)