懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.1 新春福島旅行 第5回 湯本温泉街を歩く
P1033988.jpg

福島に入って最初に立ち寄ったのは、いわきの手前にある温泉地・湯本。
いわき市の2駅手前で、合併していわき市になる前の旧常磐市の代表駅だった駅です。

下車した湯本駅は絶賛改装工事中で、駅舎の様子は全く見えない状態でした。
訪問したのが2015年1月。同年中には改装工事は完了し、今は新しい姿で営業中とのこと。

P1033989.jpg

いわきから先の乗り継ぎを考えた時、いわき手前で一箇所30分程度ですが下車できる
ということで、その中で選んだのが湯本駅でした。
隣の内郷駅の木造駅舎に寄ろうかと思いましたが、なんと直前に新駅舎への建て替え
工事中となっていたので、そちらは断念…。

P1033990.jpg

29分間という短い間ですが、温泉街をフラッと歩いてみましょう。

まずは湯本駅を出てすぐ右手側に伸びていく通りから。
駅から徒歩2分ほどのところに、共同浴場・みゆきの湯がありました。
2006年に設置された共同浴場で、東日本大震災後に休業していましたが、
すでに営業は再開されているようでした。残念ですが時間が短いので入浴はパス。

P1033993.jpg

いわき湯本温泉の中心となるのは三函というエリア。
湯本駅からは500~600mほどの距離なので歩いて6,7分ほどでしょうか。

P1033994.jpg

温泉地らしく、スナックが立ち並ぶ場所もあります。

P1033996.jpg

古びた飲食店が立ち並ぶ温泉街に、温泉宿が点在しています。
宿は結構規模の大きめなものが多かった印象。

P1033998.jpg

三函の温泉街を小さく周ってから駅に向かって方向転換。
自分好みの建物や風景を見つけてはシャッターを切ります。

P1034002.jpg

P1034004.jpg

いわき湯本温泉(旧常磐湯本温泉)は奈良時代の開湯と言われる歴史ある温泉。
磐梯熱海温泉と新潟の月岡温泉と合わせて磐越三大美人の湯と言われるんですね、
今知りました。そしてどれもまだ入ったことがないという。。。

P1034008.jpg

明治から昭和中期にかけてここで石炭の採掘が行われた影響で、温泉が出なくなって
しまった期間が数十年単位であったようです。
今は元炭鉱の坑底からボーリングで温泉を汲み上げているんだそうです。

P1034011.jpg

炭鉱閉山後にできたのが、常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)。
中でもフラダンスショーは、映画『フラガール』で有名になりました。
湯本駅から西約4kmほど。路線バスや無料送迎バスで湯本駅からアクセスできます。

P1034015.jpg

はい、ひとまわりして湯本駅に戻って来ました。
10:36着で11:05発までの29分間でした。
最後にwikipediaから新駅舎の紹介文を引用しておきます。

(以下、引用)

2015年(平成27年)3月29日に改良工事が完成し新装開業した。「エコステモデル駅」として、
温泉熱を用いた暖房設備が導入されている。また、発光ダイオードによる照明や太陽光
発電設備の導入がなされ、内装は地元産の木材とし、環境との調和が図られている。
2階にはギャラリーが設けられ、地域の魅力発信の場として利用できるようになっている。
また下り線ホームには足湯が設けられている。湯本第一中学校の生徒による手作りの
木製駅名標がホーム柱に設置されている。


(引用、おわり)



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1789-49252895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)