懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.1 新春福島旅行 第24回 藤田駅と桑折駅
P1044772.jpg

伊達から北上し、2つの木造駅舎を拝みました。
まずは伊達から2駅目の藤田駅。15:21着。
片面+島式ホームの2面3線。島式ホームから見る藤田駅の木造駅舎。
雪国らしく、ホーム側の出入り口は二重構造になっているようです。

P1044775.jpg

藤田駅(福島県伊達郡国見町大字山崎)
1900年開業。駅舎は恐らく開業当初からのもの。
さすがに外壁などお色直しを受けているようで、開業当時のまま、という訳ではないですが
イイ感じの木造駅舎だと思います。

P1044778.jpg

駅周辺は、国見町の中心地。
多くの民家が集まり、結構大きな町を形成しているようです。
藤田駅の2015年度、一日平均乗車人員は669人。

P1044787.jpg

この年は雪の少ない年でしたね。
東北新幹線越しに見る奥羽山脈の山も、雪は薄っすらです。

P1044793.jpg

さて、来た時は下りの島式ホーム側に到着しましたが、今度は駅舎側の上りホームから
列車に乗り、ひと駅戻ります。。。

藤田15:33発、桑折15:36着。

P1044799.jpg

こちらもイイ感じ、ちょっと山小屋風の木造駅舎が素敵な桑折駅。

P1044806.jpg

桑折駅(福島県伊達郡桑折町大字南半田)
開業は1887年で、この付近の各駅の中では最も早い開業だそうです。
現駅舎は開業当初からのものではなく、1940年築。それが2005年に改装されています。
改装されて10年。まだまだ清潔感を保っているようですね。

P1044808.jpg

2015年度、一日平均乗車人員は682人。先の藤田駅とほぼ同じ規模でしょうか。
桑折で「こおり」というのは難読、ですかね。普通は「くわおり」ですよね。

P1044810.jpg

あまり長くはありませんが、ここでは少し時間があるので、駅周辺を小さくひと回り。

P1044811.jpg

桑折駅からほど近く、奥州街道と羽州街道の分岐(追分)がありました。
駅から徒歩3分程度。ちょっと見に来るのにちょうどいい距離感です。

右に進む奥州街道はほぼ東北本線とほぼ同じルートで青森へ。
左に分かれる羽州街道は奥羽本線とほぼ同じルートで山形・秋田を経由して青森へ。

P1044815.jpg

追分から南向き、江戸へと続く旧奥州街道の風景。
現在は福島県道353号線に指定されています。

P1044816.jpg

味のある古い商店が軒を連ねています。
夕刻の雰囲気と相まって、何とも形容しがたい、ノスタルジックな情景に思われました。

P1044820.jpg

小さく歩く桑折駅前。
そろそろ駅へと戻ります。

P1044825.jpg

桑折駅は業務委託の有人駅。
ベンチはひと席ずつ区分けされたタイプで、横になったりはできないですね。

P1044830.jpg

跨線橋から見る桑折駅の木造駅舎。

もう日没が近い冬の東北。
リミットが近づいていますね。
最後にもう一ヶ所立ち寄りましたので、次回ラストに紹介したいと思います…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1808-601d1187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)