懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.7 駿豆線・大仁駅の風景
P1012156.jpg

ちょっと前にお送りした愛媛県ネタと同様、ちょっとした隙間時間を有効活用する小さな旅。
今回は、静岡県。三島駅から修善寺までを結ぶ伊豆箱根鉄道・駿豆線へ。

東京で午前中に用事があるので、前夜最終の新幹線で静岡へ移動。
沼津駅前に泊まり、翌朝イチから駿豆線を巡り、新幹線で東京へ移動するプラン。
これでも数時間は自由に動ける時間を作り出せるので、体力的に辛くなければ有効かと。

P1012157.jpg

三島6:10発の列車でいざ出発。
駿豆線は営業キロ数19.8km、13駅の比較的短い路線なので、
2~3時間でもある程度は巡れる、はず…。

P1012161.jpg

訪問駅は基本的に駅舎の魅力をもとにチョイス。
まずは終点の2駅前の大仁駅。大仁6:38着。

ここから戻りながら数駅を訪問して行きます。
修善寺駅はスルーしますので、大仁~修善寺間は例によって未乗のままに…。

P1012166.jpg

大仁駅前には小さなロータリー。
温泉地の大仁、ロータリーには黄金の湯という無料の足湯が。
例によって天気は悪いので(?)、誰も入っている人はいませんね。
まぁ、平日の早朝から駅前で足湯する人が居るのか、ということですね。

ちらっと見える「長嶋茂雄」の文字。
いわゆるひとつのミスターです。
現役の頃は大仁で自主トレをされていたとかで、
今は長嶋茂雄ロードなるものが整備されているのだとか。

P1012167.jpg

大仁駅(静岡県伊豆の国市大仁)
1899年に終着駅として開業。1924年に修善寺まで延伸されて途中駅に。
水色が印象的な古い駅舎。木造駅舎ではないみたいです。
2015年度、一日平均乗車人員は1,270人。

P1012170.jpg

滞在時間は12分間しかありませんが、ホントにサラッとだけ駅前を見てみます。

P1012175.jpg

大仁の中心街を南北に走るメインストリート。(県道400号線)

P1012177.jpg

はい、タイムアップ~。

P1012179.jpg

表通りから大仁駅へのアクセス。
少し坂道を下ることになります。

P1012180.jpg

構内踏切で島式ホームへ。

P1012181.jpg

大仁駅は上屋も古くて味がありますし、その他にも魅力的なアイテムが多い印象。

P1012182.jpg

ホームのこの洗面台なんかも、時代を感じますよね。
自分が子供の頃は、まだ今よりも見かける事が多かったと思いますけど…。
徐々に姿を消しつつあるアイテムのひとつでしょうね。

P1012183.jpg

大仁6:50発の三島行きで、次の駅へ…。
上の写真は大仁と隣の田京との間で見られる城山(じょうやま)という山。
山容が特徴的で、「おっ」と目を惹く景観ですね。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1821-dfd8f3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)