懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.3 南海・深日町駅と多奈川駅
P3270127.jpg

深日町駅に到着です。
高架駅の深日町駅。駅前は高架下が駐輪スペースとして活用されていました。

P3270126.jpg

深日町駅(大阪府泉南郡岬町深日)
1944年開業。とても小さな木造駅舎があり、無人改札を抜けると階段を上がって
高架のホームにアクセスするつくりになっています。

2015年度、一日平均乗車人員は595人。

P3270130.jpg

改札内。駅舎の脇には古い木造トイレも。
内部は見ていませんが、まぁ内部も古いことでしょう(笑)

P3270133.jpg

階段から見下ろす深日町駅の風景。

P3270134.jpg

高架ホームから深日集落の眺め。

P3270138.jpg

ほどなくして、みさき公園方面から2両編成の電車が近づいて来ました。
駅手前の線形を見ても判るように、かつては2線に分かれてホームも2面2線でした。
(現在は1面1線の棒駅)
国道を渡るガードも2線分ありますね。

さて、深日町駅からはこの列車に乗って終点の多奈川駅へ。

P3270140.jpg

深日町~深日港~多奈川。
駅間距離が短い区間で、深日町~深日港が700m、深日港~多奈川が500m。
写真は深日港駅に到着するところ。奥には終点の多奈川駅が見えています。
望遠レンズの圧縮効果もありますが、実際に近いんです。
まぁ、多奈川線自体が端から端まで2.6kmしかありませんからね。

P3270141.jpg

そしてあっという間に多奈川駅に到着します。
櫛形ホームの2面1線とのことですが、向かって右側のホームは使われていません。
また、左側の現役ホームの反対側にもかつては線路があったみたいですね。

P3270143.jpg

多奈川駅(大阪府泉南郡岬町多奈川谷川)
1944年開業。川崎重工業の泉州工場へのアクセスのために設置された駅、とのこと。
2015年度、一日平均乗車人員は726人。深日町駅より多いんですね。

多奈川と聞くと、昔見たドラえもんの映画「のび太と竜の騎士」を思い出します。
たぶんあれは多摩川をもじっただけだと思いますけど…。

P3270145.jpg

駅前にはロータリー。

P3270146.jpg

折り返しを待つ列車と、ホーム上屋。
利用者は片手で数えられるくらい。とても静かな多奈川駅です。

P3270147.jpg

駅の南側は山が迫っていて、斜面に住宅街が展開しています。
写真は撮っていませんが、北の海側は工場です。

P3270149.jpg

エメラルドグリーンの上屋に、昭和レトロな駅名標。
何か好きですね、こういうの。

…とまぁ、こんな感じで洲本深日航路の試験運航に乗るショートトリップは終了です。。。
船に乗る以外に、両側の町を散策できて、とてもいい機会になったな、と思います。
試験運航の方も結果は上々のようで、このまま順調に復活への道を歩んで行ければ
良いですねぇ。ついでに難波からの直通急行も復活しちゃいましょう!

好き勝手書くのも程々に、と。

これにて一連のネタは終了。次回はまた別の県に参ります…。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1829-23ad4e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)