懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第1回 旅の始まり、徳和駅と多気駅
P6201117.jpg

今回からまた新しい長編旅行記のスタートです。
時期的には今と何とか重なりますが、ネタとしては2年前となります。

お送りするのは、前々から暖めていた紀伊半島をぐるっと一周する旅。
普通の週末、金曜晩からの前乗りを含めて2泊3日の旅となりました。

P6201120.jpg

まずは金曜の仕事を終えた後、近鉄特急で松阪まで移動。
松阪から東松阪へ行き、そこから約2.4km歩いたところにあるネットカフェで朝を迎え、
そこからまた約2km歩いて早朝にJR徳和駅へ。
朝早く松阪あたりからスタートするための苦肉の策です。

上の写真は徳和駅付近、旧伊勢街道の風景。
5時すぎの超早朝。6月なのでもう明るいですね。

P6201124.jpg

そしてこちらが旅のスタート地点、徳和駅。
特に魅力的な駅舎がある訳ではありませんが…。

P6201125.jpg

徳和駅の駅前風景。
駅のすぐ前を旧伊勢街道が横切って行きます。

P6201128.jpg

徳和駅(三重県松阪市下村町)
1894年開業の歴史ある駅。対面式の2面2線の構造で、駅舎はありません。
跨線橋の後ろ側には、線路をオーバークロスする県道の橋が架かっています。

2015年度、一日平均乗車人員は418人。
過去の推移を見ると減るどころか寧ろ増えているのは、松阪のベッドタウンとして
人口が増えた、とかでしょうかね。松阪商業高校や、高校野球の名門・三重高校の
最寄り駅なので、学生さんの利用もあるのかも。

P6201134.jpg

5:11発の亀山行き始発列車を見送ります。始発が早いですね。
この列車が、自分が待っている5:24発の新宮行きと次の松阪駅で交換するダイヤです。

P6201140.jpg

ところ変わって多気駅になります。
新宮行き普通列車(325C)は多気で14分間の停車時間があり、列車番号を325Dに変えて
新宮へ向かうことになっているので、その停車時間中に駅前へ。

P6201141.jpg

早朝5時半の多気駅前通り。過去にも停車時間を利用して駅前に出たことはありますが、
町に足を踏み入れたことはありません。

P6201142.jpg

各方面の始発列車が集合する時間帯。
駅員さんはホームでの作業のため、窓口にはおられませんでした。

駅舎内にツバメが巣を作っているらしく、地面に糞の危険区域ができてました(笑)

P6201145.jpg

年季の入った跨線橋と、ホーム上の詰所。
古くから紀勢線と参宮線の接続駅として重要な役割を果たしてきた多気駅。
草臥れてはいるものの、貫禄が感じられますね。

P6201149.jpg

P6201151.jpg

島式ホーム2本の2面4線。
広い構内を持つ、古き良き鉄道の要衝。

P6201153.jpg

5:30から5:44までの14分間の停車中に、2両増結されて4両編成になっていました。
この時間帯は、参宮線の始発列車もあって、朝早くから多くの車両が集います。

P6201157.jpg

さあ、紀勢線の旅の再開です。
初日は三重県内を満喫するプラン。
列車は山間部を走り、海を目指します…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1832-7d82bf58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)