懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第5回 相賀駅の木造駅舎
P6201315.jpg

紀伊長島からキハに揺られること約20分、次の下車駅である相賀駅に到着です。
相賀 8:53着。跨線橋から、新宮へ向かう列車をお見送り。

P6201316.jpg

相賀には木造駅舎が残っています。。。

P6201317.jpg

同じく跨線橋から、駅周辺の家並みを撮影。
駅のある相賀集落は、合併して紀北町になる前にあった海山町の中心地でした。
なかなかの規模の町だと思いますね。

P6201319.jpg

駅前に出ると、通りには大勢の人が歩いていて、とても活気があったように思いました。
が、どうやらこれはウォーキングか何かのイベントがあってのこと、だったようです。
暫くすると人影は全くなくなってしまいました…。

P6201322.jpg

相賀駅(三重県北牟婁郡紀北町相賀)
1934年、紀勢東線が三野瀬から尾鷲まで延伸された際に開業。
駅舎は開業当初から改装されながら使われている木造駅舎になります。

P6201325.jpg

琺瑯の駅名板が素敵ですなぁ。
窓口にはシャッターが下ろされています。
調べると、2005年に完全無人化されてしまっているようです。

P6201326.jpg

駅前には白線で書かれた駐輪スペース。
道路が駅前でL字に折れていて、ロータリー等はありませんが、駅舎前に数台なら
停車できるくらいのスペースはあります。

P6201328.jpg

建物資産標。
昭和9年=1934年。開業年と同じですね。

P6201334.jpg

相賀駅では28分間の時間があり、駅舎見学の他は少し町歩きも…、と考えていましたが、
何とここで急にトイレに行きたくなった訳です。

しかし何と相賀駅の古いトイレは閉鎖中…!!

大波小波を耐えるのも限界があり、町歩きどころではなくなりました。
最終的には駅に近い場所にある小さなガソリンスタンドでお借りすることができ、
事なきを得ました…。快くトイレを貸して下さったスタンドの店員さん、本当に感謝感謝です。

P6201337.jpg

結局アクシデントへの緊急対応で持ち時間を使い果たしてしまったため、
そのまま駅に戻って次の列車に乗ることに。。。

相賀 9:21発の多気行き普通列車(326D)は3両編成。

P6201339.jpg

昔ながらの青いボックスシート。
こんなローカル線の旅も、あと何年できるでしょうかね…。

JR東海管内は2016年3月を以て紀勢線から旧国鉄型気動車が淘汰されてしまい、
普通列車はロングシートのキハ25系のみの運用になっているんですよね…。
この長いローカル線をロングシートで何時間も乗るのは、結構辛そうです。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1836-7e613954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)