懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第8回 尾鷲サイクリング~後編
P6201436.jpg

尾鷲散策(サイクリング)の続きです。
朝日町の中央を南北に走る筋にいます。
土井子供くらし館の隣あたりになりますかね、こんな洋館も。

P6201439.jpg

朝日町と林町の境界あたりで。
この三輪自転車はGoogleマップのストリートビューにも写っているので、
たぶんここが定位置なんでしょうね(笑)

P6201447.jpg

ずっと同じ道を南へ進みます。
通り沿いには古い物件が多く、なかなか見ごたえアリ。
どうやらこの筋は熊野古道(大辺路)みたいですね。

P6201454.jpg

古道から外れて、少し海側の住宅街にて。
港町・尾鷲の町並み。

P6201463.jpg

軒先に猫がたむろする場所も。

P6201466.jpg

ど真ん中に祠のある路地。
朝日町東部の住宅街にて。

さて、尾鷲でのサイクリングはこれにて終了となります。
尾鷲観光物産協会に戻り、自転車を返却。
返却すると飴ちゃんを下さいました。接客態度も素晴らしく、とても好印象でありました。

P6201474.jpg

自転車返却後はそのまま駅へと向かいます。
観光物産協会から駅へは商店街を真っ直ぐ歩けばたどり着きます。
約500mに渡る商店街は「尾鷲一番街」。

P6201478.jpg

昔ながらの中小商店が軒を連ねる尾鷲一番街。

P6201480.jpg

商店街の脇道にはこんな物件も。

P6201481.jpg

P6201487.jpg

西へ歩き続けると、突き当たりが尾鷲駅
駅は改装されているものの、開業当初からの木造駅舎が使われています。
三重県南部最大の町である尾鷲、その玄関口になりますね。

当然ながら特急を含む全列車が停車。以前は交換のために長時間停車する
普通列車が多くありましたが、現在はほとんどないみたいですね。

P6201488.jpg

駅前の北側は、香ばしさが漂うエリア。
これは興味あります…が、列車の時間があるため諦めます。

P6201490.jpg

現役の駅前食堂、ことぶき食堂さん。
清く正しい駅前食堂といった佇まい。

P6201500.jpg

尾鷲12:00発の新宮行き普通列車(329C)。キハ11系の2連。
これに乗って、更に南下して行きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1839-04b6f00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)