懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第10回 坂の古江集落~後編
P6201551.jpg

P6201552.jpg

P6201554.jpg

P6201557.jpg

P6201558.jpg

P6201560.jpg

P6201561.jpg

P6201569.jpg

P6201573.jpg

P6201574.jpg

古江集落散策の後編は、文章なしの写真だけでお送りしました…!
集落歩きの素晴らしさを写真が雄弁に語ってくれたら良いんですけど、
まぁ、腕はまだまだ、ということでお恥ずかしい限りです。

前回記事の民宿・潮さんあたりから集落内を縫うように歩いて横移動。
集落中央部の坂のテッペンにある古江神社から集落を見下ろす。

古江神社から右手方向を見ると、小高い尾根が墓地になっていて、見晴らしが良さそう。
坂の密集集落は散策が楽しくて堪らないんですが、その密集っぷりを撮影するのは
対岸から撮影する以外、極めて困難なんですよね。
その中でも、この墓地から見た集落と海の情景は、自分の理想とはいかないまでも、
十分に満足できるものでした。古江集落で一番記憶に残っている一コマですね。

最後は墓地から光明寺前を通過して下界の国道沿いへ。
古江バス停近くの路地には味のある商店もありました。
迷路の集落にこんな物件まであるとは、懐が深いですねぇ。大好きです。

古江バス停からは、再び尾鷲市のふれあいバスに乗って三木里へと戻ります。
こちらはさっき自分がしお学舎前で下車したバス。ハラソ線の終点である梶賀集落で
折り返して戻って来たのでした。

古江13:16発。滞在時間は50分間でした。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1841-3eb8c77d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)