懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第12回 九鬼の町並み~前編
P6201625.jpg

三木里からひと駅戻って九鬼駅で下車。九鬼、14:28着。

九鬼と言えば、戦国時代に隆盛を誇った九鬼水軍が有名ですね。

P6201626.jpg

尾鷲~熊野市はトンネルで入江にある集落同士を繋いで走る紀勢線。
九鬼も同じように入江に展開する集落ですが、駅からは少しだけ離れた位置にあるため、
駅前は民家が数軒ある程度で、集落という感じではありません。

P6201632.jpg

九鬼駅(三重県尾鷲市九鬼町)
1957年開業。駅舎は開業当初からのものだそうです。
1983年に無人化されていて、今はとても静かな駅です。

P6201634.jpg

駅の尾鷲寄り。駅を出た紀勢線は、小さな川を渡って再び長いトンネルへと入って行きます。

P6201635.jpg

ここでは折り返し列車まで1時間半ほどの時間を利用して、九鬼集落を散策します。
「九鬼港」というのが、九鬼集落。
集落へと続く道は、三重県道574号線(九鬼港線)。
国道311号線も九鬼を通りますが、道は駅の裏手の高台を行くため、ここからは見えません。

P6201640.jpg

緩やかな時間が流れる九鬼湾の風景。
奥に見えているのが九鬼集落。
九鬼駅から集落の入口までは1kmないくらい。

P6201644.jpg

集落内の県道574号線は海の際っきわを進みます。
(写真は駅の方向を振り返って撮影)
奥にあるのは2009年に廃校になった旧九鬼中学校。

P6201645.jpg

県道沿いにある、錦花堂さん。
九鬼水軍 虎の巻は九鬼名物だとか。

P6201647.jpg

古さや薄暗さが魅力(?)のスーパー、ナカクニさん。

P6201653.jpg

尾鷲港前から見上げる九鬼集落。
集落の上にあるのは、これまた廃校。
中学校廃校の1年後、2010年に廃校になった、旧九鬼小学校。
こちらは木造校舎が残っているので、後で見に行きます。

P6201655.jpg

P6201658.jpg

このエリアの他の集落と同じく平地がほぼないため、産業は漁業が主力になりますね。
あとは林業でしょうか…?

P6201659.jpg

集落の一番奥にある九木神社。
海沿いの道はここで途絶えます。。。

神社の中を抜けて集落の内部へと入って行きましょう。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1843-db78aea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)