懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第16回 新鹿駅と大泊駅
P6201791.jpg

どんより重い雲に覆われ続けている旅の初日。
新鹿の町、そしてその先には新鹿湾が望めます。

思えば陽が出たのは早朝の多気駅のあたりと、尾鷲市内散策中だけですね…。

P6201793.jpg

島式ホーム、1面2線の新鹿駅に入線。
ここでは対向列車待ちで7分間停車します。18:47着、18:54発。

P6201796.jpg

新鹿駅(三重県熊野市新鹿町)
1956年、西から伸びてきた紀勢西線の終着駅として開業。
この新鹿と三木里との間が最後に開通し、紀勢本線となったのが1959年。
駅舎は開業当初からのもので、こちらも木造駅舎なのかどうかよく分かりません…。

P6201801.jpg

新鹿は海がとても綺麗で、新鹿海水浴場は「日本一きれい」と謳われています。
水質は三重県最高ランクだとか。
残念ながら駅前から海は見えないんですけどね。

P6201805.jpg

1983年に無人化。
2015年度、一日平均乗車人員は56人。

毎年8月17日に熊野市で開催される熊野大花火大会の当日のみ、新鹿駅に駅員が
臨時配置されて窓口業務を行うそうです。
ここからも大勢の人々が花火を見に行くんですね。

P6201807.jpg

以前は海水浴シーズンだけ特急南紀の一部が臨時停車していたんですけど、
いつの間にかそれも無くなってしまい、今は普通列車しか停車しません。

そんな新鹿駅での7分間でした。
構内踏切を渡り、列車に戻ります。。。

P6201814.jpg

続いては、大泊駅で途中下車。
大泊 18:01着。

1面1線のホームからは太平洋セメントの設備が目を惹きます。

P6201815.jpg

ホームから駅舎へのアクセス。
以前はホームは島式で交換可能駅だったようです。
写真の引き込み線の更に手前側に線路があり、駅舎への道も構内踏切でした。

P6201817.jpg

大泊駅(三重県熊野市大泊町)
1956年開業。これまたこの日に訪問してきた各駅とよく似た平屋建ての駅舎ですね。
開業当初からの駅舎がまだ現役、というのも同じです。

P6201821.jpg

2015年度、一日平均乗車人員はわずか7人。

P6201823.jpg

大泊は、熊野市街地から名勝・鬼ヶ城の半島を挟んだ東側、小さな湾の入江にある
小さな集落で、駅はその山側に位置しています。

P6201825.jpg

今度はまた逆方向の18:23発の列車に乗る予定なので22分間しかありませんが、
近いのでちょっと海を見に行きました。

P6201826.jpg

曇天、夕方の大泊海水浴場にて。
正面の半島が奇勝・鬼ヶ城ですね。半島の先っちょが尖ってるの、分かりますかね?

熊野市街地前にも七里御浜の海岸がずっと続いていますが、あちらは波が荒く危険
ということで遊泳禁止。ですのでこの大泊海水浴場の出番、ということになる訳ですね。
あとはさっきの新鹿海水浴場も熊野市内ですね。

P6201827.jpg

海を見るだけみたら、また駅へと戻りましょう。
大泊集落の奥に見えるのは、紀勢自動車道の延伸部として開通した熊野尾鷲道路。
高規格道路でここまで来れてしまうんですからねぇ、ますます鉄道は不利になってるなぁ、
と思うばかりです。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1847-e0c79590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)