懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 ぐるり紀勢線 第19回 那智駅の社殿風駅舎
P6211946.jpg

この細道を抜けていくと、目的地の那智駅にたどり着きます。

P6211949.jpg

立派な社殿風駅舎の、那智駅が姿を現しました。。。
駅と隣接して一体となった正面の建物は、那智駅交流センター・丹敷の湯という
日帰り温泉施設。JR西日本では初の駅併設温泉だそうです。
営業は13:00~22:00ですので、午前中は営業時間外…。

P6211950.jpg

那智駅(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜ノ宮)
1912年開業。駅舎は1936年築の2代目駅舎で、熊野那智大社の本殿を模したものです。

P6211952.jpg

2015年度、一日平均乗車人員は55人。

以前は「南紀」や「くろしお」、古くは寝台特急「紀伊」等の優等列車も停車していましたが、
那智大社・那智の滝への玄関口機能が紀伊勝浦駅に集約されたことで、普通列車しか
停車しない駅に格下げされた形となりました…。

P6211956.jpg

対面式ホームの2面2線。
ホーム同士は地下道で繋がっています。
すぐ裏手が海水浴場ということもあってか、地下道はカニだらけでした。

P6211960.jpg

海側の2番ホームの窓から眺める風景。
すぐ前が那智海水浴場(ブルービーチ那智)になっていて、静かな駅には
ただただ波音が響いていました。

学生時代、川崎からフェリーで宇久井港に渡って来た際、連絡バスを那智駅前で降り、
ここから故郷の田辺に向かったことがあります。
その際は確か手前のコンクリートは無く、砂浜が見えていたように記憶しています。。。

P6211965.jpg

那智7:16発の紀伊田辺行き普通列車(2324M)。
この列車で、2日目の鉄旅がスタート、となります。

7時台ですが、上下線合わせて那智駅にやって来る最初の列車になります。
那智駅には再訪したいけど、勝浦から列車で行くとロスが大きすぎる、ということで、
早朝に両駅間を歩くというプランを組んだのでした。

P6211968.jpg

下里駅にて、新宮行きの列車を待つ学生さんたち。
下里にも木造駅舎が残りますが、今回の旅プランからは外れています。

P6211975.jpg

紀伊浦神駅近く、車窓に続く穏やかな玉ノ浦の風景。
いつ見ても癒される眺めだなぁ、と思います。

P6211977.jpg

紀伊浦神駅にて。
ここは後で訪問する予定にしていました…。

P6211983.jpg

緩やかなカーブを描く鉄橋で古座川を渡り、列車は古座駅へと滑り込みます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1850-adfba1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)