FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.7 嬉野温泉の町並み
P1012766.jpg

塩田津に続いて、嬉野温泉街を散策します。
宿の駐車場に戻ってから、温泉街歩きスタート。

嬉野の温泉街は結構大きく、どこを歩いたもんかと思いつつ、
まずは温泉街の中心にある日帰り温泉施設「シーボルトの湯」へ。

P1012768.jpg

嬉野も肥前吉田焼という焼き物があるんですよね。
有田や波佐見、伊万里と同じように大陸の影響を受けているんでしょうか。
赤提灯が中国っぽいのは、ただの飾り付けか…。

P1012770.jpg

こちらが嬉野温泉のシンボル的存在、シーボルトの湯。
以前は古湯温泉という名前の共同浴場だったみたいです。
朝6時から営業している施設ですが、町歩き優先のためスルーします。
宿の風呂もありますからね。

シーボルトの湯の手前にあるレトロな鉄橋は、1927年築の嬉野橋。

P1012777.jpg

嬉野橋を渡って吉田川沿いに整備された散策路を歩きます。
川向こうには清酒・虎ノ児の井手酒造さん。

P1012779.jpg

赤い橋を渡ってまた川の北側(=メインの温泉街側)へ。
旅館千代乃屋さんのある通りを猫が横切ります…。

P1012780.jpg

嬉野温泉街のメインストリートである本通り。
このあたりは温泉街らしく、夜のお店が軒を連ねています。

P1012784.jpg

少し歩いて、吉田川を跨ぐ橋を見にやって来ました。
ここは前日に宿を探して車で走った時に見かけた風景。

和多屋別荘という広大な敷地を持つお宿で、川の両岸に広がっています。
江戸時代に長崎街道を往来していた島津家薩摩藩が、旅の途中に休息していた上使屋に
端を発しているという、由緒正しいお宿です。
お値段もそれなりにお高いのかと思いきや、想像ほど高くはないようです。。。

P1012786.jpg

再び夜の街を(朝ですが)を歩いて宿の方へ戻って行きます。

P1012789.jpg

明朗会計のお店、そして特殊浴場…。

P1012794.jpg

リサイクルショップの夢市場さん、看板に天ぷらやらとんかつやら書いてますね。
以前はお食事処だったんでしょうかね。

P1012796.jpg

通りの上にせり出した看板群。
どこか香港っぽい雰囲気を感じます。
まぁ、香港ほどデカイ看板が大量にあるわけではありませんが…。

P1012803.jpg

脇道を覗くと、普通の住宅街になっているようですね。

P1012804.jpg

激渋の三根酒店さん。
イチオシの東一は同じ嬉野市内、塩田町にある五町田酒造さんにて醸造されています。

P1012816.jpg

豊玉姫神社は嬉野温泉の氏神様。
見に行ってはいませんが、境内には白磁のなまず様が豊玉姫の使いとして祀られています。

これにて温泉街散策は終了。
日本三大美肌の湯のひとつに数えられる嬉野温泉。
旧長崎街道沿いということで、昔から開けた温泉街。
古い温泉旅館あり、夜のお店が集まるエリアあり、なかなか楽しい散策となりました。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1878-21ecc1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)