FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2007.12 バックパック新婚旅行 第4回 カイラン水上マーケット
水上マーケット第一弾は、カイランマーケット。
カントーからボートで2時間弱(休憩・給油含む)、前の記事にも書いたとおり
ピークは6:30~7:30とのことですが、8:30でも活気ある様子が楽しめました。

地球の歩き方ほか観光ガイド本に記載されていて、観光ツアーも組まれる場所ですが
マーケット自体はあくまで地元民の交易の場であり、観光客はほぼ相手にしません。
自分達のボートが現地に着いた時もコーヒー等を売るボートが2艇寄って来ただけで
その後は一切干渉されず、でした。
個人的には邪魔されずにマーケット見学ができて好印象。

因みに確かガイドには「カイザン」と記載されてたはずですが、
本来は「カイラン」水上マーケットが正しいようです。

07121108カイザンマーケット2

07121109カイザンマーケット3

07121110売り物表示

このマーケットでは、大型船は竿に売り物を掲げて「何を売っているか」を示します。


07121111カイザンマーケット4

07121112船上に佇む少年

船に佇む少年が印象的。

マーケットに集まる船は住居兼用なのがほとんど。
子供もいっぱいいたし、犬を飼ってる船も多かったと思います。

いつかはこの少年も船を継いでこのマーケットで商売をするのか、
はたまた「俺は陸に上がる!」と違う道を歩むのか。


07121113カイザンマーケット5

07121114カイザンマーケット6

07121118カイザンマーケット8

07121119カイザンマーケット9

初めて見るような野菜が取引されていきます。
メコンデルタの各地では今日もこうした市場が立ってることでしょう。


しばらくカイランマーケットを遊覧した後は、もう一ヶ所の水上マーケットへ向かいます。




続く

スポンサーサイト





コメント

ベトナムの事はよくわかりませんが、
水運が発達しているのでしょうか?
すごい船の数ですね!
観光客を相手にしないとこがいい!?
[2011/05/25 22:09] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま

恐らくこの周辺(ベトナム南部)は大河メコン川の支流が網の目のように通っていて、
陸運よりは断然水運なんですよね。
主要道路などでも橋がかかっていない場所が多く、陸路は不便です。
南北に長いベトナムは鉄道も発達していますが、このメコンデルタ一帯には支流の多さのせいか、鉄道がありません。

観光客がほぼ眼中に無い朝市は、外野から見学する分には非常に居心地が良かったです…。
[2011/05/26 01:55] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/188-98649372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)