FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.7 大川昇開橋温泉にて
P1013007.jpg

旅の最終日は、家族で平戸を少し散策し、一気に車で佐賀県と福岡県の県境になる
筑後川まで移動、福岡県側にある大川昇開橋温泉にやって来ました。

P1013012.jpg

P1013015.jpg

筑後川昇開橋
温泉は大川昇開橋ですが、正式名称は筑後川橋梁。通称が筑後川昇開橋。
1925年、今は無き国鉄佐賀線(瀬高~佐賀)の橋として設置されています。

P1013016.jpg

P1013019.jpg

その名のとおり、橋脚の間の約26mの部分が、真っ直ぐ上に昇って開く、昇開橋。
筑後川を往来する船に配慮してできた特殊な橋です。
ピタゴラスイッチの「そこで橋は考えた」のコーナーで紹介されたタイプのひとつ。

9:05~16:35の間、毎時35分に上昇する姿を見ることができます。
上記期間は毎時5分~35分が下降した状態、35分から5分が上昇した状態になります。
16:35から翌日9:05まではずっと上昇した状態になるようです。

P1013022.jpg

大川昇開温泉の浴場から橋の様子を遠望することができます。
高さは23mほど上昇するとのことですが、お風呂から眺めた感じだと期待したほど
上昇した感じがありませんでしたね。。。

P1013028.jpg

その後は佐賀駅に戻ってレンタカーを返却し、特急で博多に移動して新幹線です。

P1013031.jpg

博多駅の新幹線ホームで列車を待っていると、例の人気列車・七つ星が走って行きました。

P1013033.jpg

こんな豪華クルーズトレインに自分が乗る日が来るんだろうか…、と考えながら、
お金持ちを乗せた列車を見送るのでした…。
個人的にはこんな豪華すぎる列車より、庶民的な夜行列車が好みなんですけどねぇ…。

まぁ、愚痴は置いておいて、これにて2泊3日の家族旅行ネタは終了となります。
有明海の干潟で遊び、嬉野温泉のヌルヌル湯を楽しみ、大川内山の町を歩き、
田平の昆虫館を昼と夜満喫、平戸を歩いて最後は筑後川昇開橋で締めた旅でした。。。

お付き合い頂いた方、有難うございました…!



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1882-e3f64c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)