FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.7 道東周遊記 第18回 東釧路駅の木造駅舎
P1013743.jpg

到着した道東の拠点、釧路駅。
まだ霧は残るものの、昨夜ほど濃くはないので駅舎全景も撮影することができました。

P1013745.jpg

駅前の動輪は、釧路駅開業90周年を記念して1991年に設置されたもの。
D51の動輪だそうです。いち時期は塗装が剥げたりしていたようですが、
愛護会によって綺麗に維持されている、とのこと。

P1013746.jpg

さて、いきなり場所が変わって東釧路駅です。
根室本線(花咲線)と釧網本線との分岐駅で、木造駅舎が残る駅ということで、
旅のプランに組み込んでみました。
根室から戻る際に東釧路で下車できたら良かったんですけど、あいにく快速はなさきは
東釧路を通過してしまうので、一旦釧路まで行ってから戻ってきた次第。

P1013748.jpg

東釧路駅(北海道釧路市貝塚2丁目)
1925年に別保信号場として設置され、1928年に東釧路駅として開業。
横に長い駅舎は1957年に改築された木造駅舎、とのこと。

駅前は砂利敷きで、規則性なく自転車が駐輪されていました。
駅舎正面側はコープさっぽろ貝塚店の駐車場になっていて、コープ側からのアクセス可。
駅のある貝塚の町は駅舎と反対側になり、歩道橋でのアクセスとなります。

P1013749.jpg

1994年に完全無人化された東釧路駅。
駅舎内の窓口はすべてボードで塞がれていました。

P1013751.jpg

2012年度、一日平均乗車人員は126人。

P1013753.jpg

ホーム側から見る東釧路駅の木造駅舎。
微妙に距離があるのは、かつて数本の側線を有していた頃の名残り。

ホームは島式の1面2線。駅舎からは構内踏切で。

P1013754.jpg

構内にある、釧網本線の0キロポスト。
ここが起点ではありますが、全列車が釧路まで乗り入れます。

P1013756.jpg

撮影していると、次に乗る列車が入線して来ました。
(女の子がホームで競争してましたけど危ないような…)

東釧路13:40発の「くしろ湿原ノロッコ4号」。普通列車扱いです。
観光列車ですが、列車本数の少ない区間では貴重な便ですよね。
全席指定ではないんですけど、観光客がどのくらいいるか不安だったので、
念のため指定席を確保しておきました…。

P1013761.jpg

しばし観光列車の雰囲気を楽しみます。
お客さんは多いですが、ごった返すほどではなく、そんなにストレスは感じない程度。

車内放送で案内された岩保木水門(新水門)をパチリ。

塘路までしか行かないノロッコ号。
せっかく乗ったので、やはり釧路湿原を眺めに行くしかありますまい…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1900-abb9e47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)