FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2007.12 バックパック新婚旅行 第8回 バイヨンの微笑み
アンコールトムの中央にある遺跡・バイヨンです。
バイヨンは「美しい塔」という意味とか。

塔に刻まれた人面像が特徴的で、その微笑は「クメールの微笑み」と言われるそうです。

07121214シルエットa

いかにも観光客らしい写真を撮ってみる。

07121215バイヨンの微笑み

バイヨン内部は三層になっていて、回廊が2重になった一番内側はテラスです。

天気に恵まれてますねぇ。

07121219カップルに慈悲を

欧米のバックパッカーでしょうか。絵になりますね、アジア人より。

07121221バイヨン 砦

どこか「天空の城ラピュタ」を連想させる城砦。見事です。

07121224遺跡っぽい?

内部を歩くといかにも「遺跡」といった場面に出会いますね。

07121225細かいレリーフの塊

回廊の入口には精緻な彫刻が施されていて壮観。

07121226バイヨンのレリーフ

回廊の壁には優美なレリーフが描かれています。
アンコールトムはヒンドゥー教と仏教の混合寺院とのこと。

07121227まるで砦のよう

バイヨンの最も外側からの眺めです。
いくら見てもすごいものはすごい。

07121229東京大学バルーン

一通り見た後は、裏側へ出てアンコールトム内の他の遺跡へと向かいます。
バイヨンを出たところで「東京大学」と書かれたバルーンを上げていました。
こんなところで東京大学。微妙な感じがします。。。



続く

スポンサーサイト





コメント

すごい遺跡ですね~!
こんなの観たことない・・・
実際観たらすごい感動でしょうね。

ここは王のお墓かなんかでしょうか、それとも寺院?
インディージョーンズの世界ですね!

あっ、寺院って書かれてましたね(^_^;)
[2011/05/25 22:41] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま

アンコール遺跡群では「アンコールワット」だけが有名ですが、
遺跡としてはこちらのバイヨンの方が印象に残っています。
岩の砦のような圧倒的な存在感でした。

確かに、インディージョーンズっぽいですね。
[2011/05/26 02:08] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/192-a0c05830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)