FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2007.12 バックパック新婚旅行 第9回 アンコールトム散策
前回のバイヨンもアンコールトム遺跡の一つですが、広い広いアンコールトム内には
たくさんの遺跡が詰まっています。
さすがに全部は見られないので、掻い摘んで行きましょう。

07121230バプーオン

こちらはバプーオンという遺跡。11世紀にできたそうです。
遺跡へと続く空中参道が特徴的ですね。

07121231遺跡に生きる男の子

遺跡の中には子供の姿がちらほら。
中には有料で写真を撮らせるのを目的にしている子もいます。

07121233象のテラス

象のテラス。300mも続く象のレリーフ。

07121235ライ王のテラスa

ライ王のテラス。象のテラスの先にあります。高さ6mなり。

07121236プリア・パリライ

プリア・パリライ。アンコールトムの中でも少し外れにあります。
訪れる人が少なく、とても静かに楽しめる遺跡ですね。

大きな樹が生長した遺跡はとても不思議な光景。
もちろん上まで登れますよ。

遺跡を管理する側(政府?)の表現では、植物に覆われ木が茂ることを「遺跡の破壊」
としていますが、普通に「自然回帰」じゃないか?と違和感を覚えます。

07121239あの木何の木気になる木

あの木なんの木きになる木。

07121241物売りの女の子

07121243物売りの女の子2

アンコールトムの散策を終えて、バイタクの運ちゃんと落ち合う店で一服。
物売りの女の子をちょくちょく見かけました。。。

07121244アンコール遺跡群を繋ぐ道

軽い食事を済ませ、次の遺跡へと向かいます。
遺跡間はこんな感じの気持ち良い道が続いていました…。



続く

スポンサーサイト





コメント

大きな木に覆われた遺跡が印象的ですね!
大きなアコウの木に鷲掴みされた岩は見たことありますが、
これは本当に不思議な光景ですね~!
当時の政府はよく伐採しませんでしたね。
[2011/05/31 21:02] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま

いつもコメント有難う御座います。
やはりこの木が生えた遺跡がインパクトありますよね。
調べたところ、アンコール遺跡はカンボジアにあるんですが、
遺跡の管理はインド政府が行っているそうです。ヒンドゥー教という宗教面を優先してるんですね。
[2011/06/01 01:14] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/193-6051c0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)