FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.12 四国右下紀行 第24回 羽ノ浦駅と中田駅
PC276826.jpg

阿波中島から乗った普通列車562Dで北上して行きます。
単線の牟岐線で阿南以北は本数が多くなるので、列車の行き違いも多くなります。

まずは羽ノ浦駅。15:58着、16:04発で6分間の停車。

PC276818.jpg

羽ノ浦駅(徳島県阿南市羽ノ浦町宮倉羽ノ浦居内)
1916年開業。木造駅舎の残る駅になります。
かつてはここから南にある古庄集落まで、鉄路(貨物線)が伸びていましたが、
そちらは1961年に廃止になっています。
もとは古庄から先を延伸して行く計画でしたが、先の阿波中島駅の記事で紹介したとおり
誘致活動もあって現在の牟岐線ルートでの建設となったようです。

PC276819.jpg

駅前風景。

PC276821.jpg

2014年度、一日平均乗車人員は793人。
駅は業務委託の有人駅ですが、この時は窓口営業時間外だったようです。

PC276822.jpg

島式ホームの1面2線。ホームへは構内踏切で。

6分間は短いもの。急いで列車へと戻りました。
列車は定刻通り、羽ノ浦駅を出発。

PC276829.jpg

阿波赤石駅を過ぎたあたりの車窓風景。

PC276830.jpg

南小松島駅も木造駅舎ですかね。
ここは「南」が付いていますが、小松島市の中心駅。
かつてあった小松島線の跡を辿るなど、散策してみたい町ではありますが、
今回の旅ではプラン外になっていますので、次の機会を探りましょう。

PC276835.jpg

続いては、中田駅で対向列車との交換のために5分間停車。

PC276832.jpg

中田駅(徳島県小松島市中郷町長手)
1916年開業。こちらも木造駅舎ですが、外装はかなり綺麗に整備されているようですね。
中田と書いて「ちゅうでん」と読むのは若干の難読駅かと思われます。
2014年度、一日平均乗車人員は466人。

PC276834.jpg

駅舎を出てすぐ左側に、小さな雑貨店が。

PC276838.jpg

島式ホームで対向列車を待つ。日常風景。
ホームは今は1面2線ですが、先に言及した旧小松島線はここ中田から分岐しており、
当時は2面3線を有する駅だった、とのこと…。

PC276840.jpg

さあ、徳島はもうすぐ。ラストスパートと行きましょうか…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1959-b4105908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)