FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.12 年末帰省旅 第11回 屋代線・信濃川田駅跡
PC307281_20180114014522b36.jpg

信濃川田駅跡に到着。
少し寄り道したりもしましたが、約3.2kmを予定通り約45分で歩けました。

PC307282.jpg

駅構内には、かつて長電で活躍した古い車両が留置されています。
こちらは長電モハ1000形電車。歴史を感じる車両です。

PC307287_201801140145258ea.jpg

信濃川田駅跡(長野市若穂川田)
1922年開業。他駅と同じく、2012年春に屋代線が廃線になったタイミングで、廃駅。
沿線はほぼ同じ経歴の駅ばかりですかね。
激渋の木造駅舎は、前に訪れた綿内駅とほぼ同型のように思えます。

PC307289.jpg

おはよう 行ってらっしゃい 無事を待つ 親の心

これも綿内駅にあったものと同じ標語。

PC307292.jpg

駅舎内に掲げられた古い時刻表。およそ1時間に1本ですか。
漢数字縦書き。今こんなのなかなか見ないですよね。

近所のふとん屋さん、畑綿業所さんも気になります。
というか、綿業所って始めて見た字面だなぁ、と。

PC307293_201801140145446f0.jpg

掲示物は意外と少ない駅舎内。

PC307295.jpg

こちらも綿内駅と同じく、今は駅舎はバスの待合室として使用されています。

PC307298_20180114014547652.jpg

駅舎を抜けてホームに出ると、そこには列車が停車中でした。
木造駅舎にレトロ車両。最高の組み合わせですね…。
この車両は長電2000系電車。焦茶色のカラーリングがまた渋い。
2012年に引退した形式で、この編成と、小布施駅前のながでん電車の広場に
留置されている編成と、2編成しかもう残っていないそうです。

PC307302_20180114014611d36.jpg

2000系の後ろに留置されているステンレス車両は、元東京営団地下鉄で活躍していた
長電3500系電車。こちらはまだ本線で現役で走っている車両になります。
なお、この信濃川田駅跡に留置されていた3500系は、今は既に解体されているようです。

PC307304.jpg

もともとは廃線後ここを鉄道公園にする案があり、車両が集められた、という話を
聞いた事がありますが、廃線後3年半以上が経過しても何も手がつけられておらず、
車両も老朽化が進むばかりの状態。
実質的に計画倒れですかね。留置というか放置と言っても良い状態なのかも。

PC307309.jpg

木造駅舎とレトロ車両を堪能し、信濃川田駅跡を後にします。
川田駅 16:02発の長電バスで、もうひとつ残る木造駅舎を目指します…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1988-b6e82aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)