FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.12 年末帰省旅 第12回 屋代線・松代駅跡
PC307314_20180114014615724.jpg

16:21、松代中町バス停で下車してみました。
バスは目的地である松代駅行きでしたが、少しだけでも町を歩いてみたかったので…。

PC307315.jpg

100mちょっと先に、松代駅の木造駅舎が見えています。

PC307316.jpg

中町交差点から松代駅へと続く道。東通りというようです。

PC307317_20180114014631b23.jpg

松代駅(長野市松代町松代)
1922年開業、2012年廃駅。
廃線当時は、屋代線で唯一の有人駅だったとか。
屋代線の中心的存在だったことが伺えます。

PC307321_201801140146335c2.jpg

駅前にあった「汽車ぽっぽ」の歌碑。
残念ながら、もう汽車がやって来ることはありません…。

PC307325.jpg

窓口は当時のまま。
駅長の注意書きも。

PC307328_201801140146570c3.jpg

多くの乗客が出入りしたであろう駅舎入口。

松代の町を歩く時間は今回全然取れなかったので、いつかは散策してみたいところ。
松代は大阪夏の陣の後には真田信幸が治めた城下町ということで、興味あり。

PC307329_20180114014658af9.jpg

木造駅舎は保存状態もなかなか良いように感じられました。
綿内や信濃川田と同様、ここ松代もバスの待合室として活用されています。

PC307338.jpg

ホーム側にて。
かつて片面+島式の2面3線でしたが、島式ホームが撤去され、構内は裏手にある
松代城の駐車場として利用されているとか。

PC307342_20180114014703a16.jpg

この地図も、往時を偲ぶ貴重なアイテム。

PC307343.jpg

廃線前の2010年度、一日平均乗車人員は333人。

PC307350_20180114014726a22.jpg

素晴らしい木造駅舎は今も大切に使われていて、とても嬉しくなりました。
これからも、まだまだ現役で活躍し続けて欲しいですね。
いつかまた松代を訪れるにも、またこの姿を見られたら幸せだな、と。。。

さて、これにて屋代線廃線跡に残る木造駅舎巡りは終了。
松代 16:50発の長電バス・須坂駅行きに乗り、現役の鉄路へと復帰します…。




続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1989-79f4b46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)