FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.1 新春常総紀行 第22回 太海駅で海を見に行く
P1048668_20180304115606bf2.jpg

江見駅からひと駅戻って太海駅下車。14:37着。

P1048669.jpg

学生さんが数人自分と一緒に下車して行きます。
構内の跨線橋から見る太海駅は大きなヤシの木が立ち並び、南国の雰囲気出てますねぇ。

P1048671.jpg

冬の午後の暖かい日差しを浴びる、据付の木製ベンチ。

P1048673.jpg

駅前のヤシの木、そして城西国際大学の案内。
そうです、ここ大学の最寄り駅なんですよね。
観光学部だけがここにキャンパスを構えているんだそうです。

ただ、2016年度の一日平均乗車人員が67人しかおらず、記録が取れている駅の中で
千葉県最下位という事実を見るに、大学生にはそんなに利用されてないんでしょうかね。

P1048677.jpg

太海駅(千葉県鴨川市太海)
1924年開業。江見駅と非常によく似た造り、同じ水色屋根の木造駅舎です。
古い写真を見ると、塗装し直される前の姿がまた激渋だったみたいですね…。
こちらにも大きな琺瑯の駅名板が素敵。太海で「ふとみ」駅。

P1048680_201803041156220fe.jpg

こちら太海駅も海の近くの高台にある駅になります。
駅から駅前の通りに下る坂。

P1048682.jpg

太海海岸(海水浴場)のほか、新日本百景に選ばれている仁右衛門島の最寄り駅
ということで、周囲には民宿が多いようです。

太海では次の列車まで約40分あるので、海でも見に行くことにします。

P1048683.jpg

細い路地が入り組んだ太海集落を下って行くと、太平洋の碧い海が見えてきました。

P1048685.jpg

ひたちなか臨海鉄道では阿字ヶ浦駅にも行きましたし、那珂湊漁港近くにも行きましたし、
銚子電鉄では外川駅も行きましたし、その後房総半島を巡って来たにも関わらず、
実際に際まで行って海を眺めるというのは、これがこの旅初のことです。

写真は遠方に見えた鴨川漁港あたり(かな?)。
しばし風景を楽しみました…。

P1048699.jpg

写真は駅に戻る途中、太海郵便局前にて。

P1048703.jpg

15時すぎですが冬の陽は傾いて、駅に降り立った時よりも暗さが増したような気がします。

P1048704_20180304115704bbf.jpg

そして駅舎の照明にも明かりが灯っていました…。
オレンジ色の白熱電球だったらなお良し、かな。

P1048709_20180304115705441.jpg

15:22発の館山行き普通列車にて、太海駅を離れます。。。

あ、次回が今回の旅行記の最終回となります…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2029-d6a3e1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)