FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.4 宇陀の桜めぐり~大宇陀・松山の町並み 後編
P1013902.jpg

P1013903_20180321235159be5.jpg

P1013906.jpg

P1013909.jpg

P1013915_20180321235203b53.jpg

P1013918.jpg

P1013922.jpg

P1013924.jpg

P1013928_20180321235222903.jpg

P1013932.jpg

P1013937_201803212352359ff.jpg

P1013944_20180321235237ff8.jpg

江戸時代からの町並みに往時の雰囲気を色濃く残す、宇陀松山の散策、後編でした。

宇陀松山城の城下町として発展。葛や薬草が有名な町だった、とのこと。
国道166号線(赤砂利橋)あたりから北に向かって歩きましたが、持ち時間の関係で
町並みの南半分くらいしか歩けていませんが…。
主に見られたのは町家を中心としたエリアで、お城の直下のエリアは未到達。

まぁ、南半分だけでも松山地区の魅力を大いに感じることはできましたかね。
途切れなく目の前に現れる、本物の歴史的な町並みに終始興奮でした…。

道の駅宇陀路大宇陀に戻って、車でまた次を目指すのでした。


また来月、両親との旅行で大宇陀を訪れる予定なので、またここを歩くかも知れません。
できればこの時に行けなかった先まで歩いてみたいですが、どうなることやら…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2034-c17cffda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)