FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 若桜鉄道・隼駅の木造駅舎
P4100958.jpg

用瀬と鳥取を訪れた家族旅行も、あとは大阪に戻るのみ、ですが…。
まぁ恒例と言いますか、お父さんの駅舎めぐりに家族を付き合わせます(笑)

訪れたのは鳥取からの戻りルート上にある若桜鉄道。
2012年に一度乗車しに来た時に見残した2つの木造駅舎を撮るために。。。

P4100939.jpg

まずは隼駅。
傘付き電球のある、正統派木造駅舎です。

P4100952.jpg

P4100941.jpg

駅舎内の窓口にも傘付き電球。
近くの商店で切符を委託販売している簡易委託駅で駅舎内は無人ですが、
窓口は閉ざされることなく、往時の状態を保っているようです。木造なのがイイですよね。

P4100974.jpg

隼駅と言えば、スズキのバイク「隼」ですかね。
2008年、バイク雑誌で隼駅に集まることを呼びかけたのがきっかけで、隼ライダー達が
全国から集まる聖地となっています。2009年からは毎年8月8日に隼まつりが開催され、
今では1,000台を超える隼が集結するんだそうです。

P4100942.jpg

若桜鉄道の各駅で見られる案山子、ここにもいました。
見る状況によっては非常に怖さを感じそうです。

P4100944.jpg

ホームは片面のみの棒駅。
駅の裏手は田畑が広がり、開放的。
このプラットホーム、国の登録有形文化財に指定されています。

P4100957.jpg

ちょうどやって来た列車。
案山子がホントの駅員さんのように…、見えないですかね。

P4100960.jpg

隼駅(鳥取県八頭郡八頭町見槻中)
1930年開業。素敵な木造駅舎は開業当初からのもので、2008年に国の登録有形文化財に。
(隼駅で指定を受けているのは、駅本屋とプラットホームの2つ)

この日は日曜日。ちょうど何台かの隼が聖地を訪れていて、
ちょうど駅舎前に停まっていたので、良い感じに隼駅と隼の写真が撮れました…。

P4100968.jpg

開業時は終着駅で、その後すぐに延伸されて途中駅になったというよくあるパターン。

P4100962.jpg

そして隼つながりですかね、駅舎横には「はやぶさ」表示の客車が一両留置されています。
しかし何故に長崎なんですかね。寝台特急はやぶさは西鹿児島行き、晩年は熊本行き、
長崎行きのさくらと併結されましたが、はやぶさの長崎行きは無かったような…。

P4100965.jpg

この車両、最初ははやぶさの車両を誘致するハズが叶わず、代わりに快速ムーンライト
として運用されていた客車を持ってきたもの、だそうです。

快速ムーンライトは平成初期まで運行された多客期限定の夜行快速列車で、
ムーンライト九州、高知、松山、山陽、八重垣など、多くの種類があり、青春キッパーに
重宝されていました。自分も広島県民だった時代はムーンライト山陽を何度か利用しました。

こちらの車両は愛称として「ムーンライトはやぶさ」と呼ばれるんだとか。
車両をライダーハウスとして使う、という記述もありましたが、現在もそうなのかは不明。


そんな隼駅のご紹介でした。。。
続いてもうひと駅へ…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2049-ba6073a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)