FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.9 信楽高原鉄道・信楽駅と、タヌキたち
P1016688.jpg

続きましては、こちらも次男と2人で一昨年の秋に行った日帰り滋賀の旅をお送りします。

まずは草津から草津線に入り、貴生川から信楽を目指しました。
写真は貴生川からの急勾配にて。一気に高度を上げる感じがスゴイですね。
よくこのルートで鉄路を敷いたな、と。
あ、自分、この時が信楽高原鉄道初乗車です。

P1016696.jpg

貴生川から信楽へはわずか5駅、所要24分のショートトリップでした。

P1016697.jpg

対面式ホーム、2面2線の信楽駅ですが、駅舎がない側のホームは大量のタヌキたちに
占拠されており(?)、通常の発着には使用されていないそうです。

P1016699.jpg

信楽高原鉄道・信楽線の線路の果て。
国鉄時代に信楽まで開業してから、ずっと今も終着駅。
正直あまり現実味があるようには思えませんが、ここから京田辺まで延伸させて、
近江鉄道~信楽高原鉄道~学研都市線を一本で繋ぐ「びわこ京阪奈線」構想というのが
あります。いつかこの先に鉄路が伸びる日が来るのでしょうか…。

P1016701.jpg

信楽駅(滋賀県甲賀市信楽町長野)
1933年、国鉄信楽線の終点として開業。
1987年に信楽高原鉄道へ移管。

同鉄道唯一の有人駅で、驚いたのが、JR西日本管轄の貴生川駅でも信楽高原鉄道の
きっぷを販売していない、ということ。途中駅は車内精算、信楽駅は駅での精算となります。

P1016711.jpg

無数のタヌキの視線を感じながら歩きます。
次男はこんな大量のタヌキを見るのは初めてで、変に興奮していたようです。
(帰って来て以降、今でも信楽のタヌキの話をするくらい、インパクトが大きかったようです)

P1016717.jpg

信楽駅前の道をずーっと真っ直ぐ進むとぶち当たる、新宮神社。
こちらは紫香楽(しがらき)一宮と呼ばれるそうです。
創建は奈良時代とかなり古く、今の本殿は江戸初期の1663年に建てられたものになります。

P1016721.jpg

新宮神社から正面に見えるのが信楽駅。
途中の信号は国道307号線との交差点。

P1016724.jpg

あてもなく新宮神社付近をぶらり。

P1016725.jpg

商店街で見かけた開店待ちの行列(違

P1016727.jpg

タヌキ、タヌキ、タヌキ、タヌキ、タヌキ、タヌキ、タヌキ…。

P1016728.jpg

カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル…。

P1016729.jpg

食器を買うと持って帰るのが大変なので、5cmくらいの小さなタヌキの置物を購入。
当時飼っていたヤドカリの水槽に沈めることにしました。

P1016733.jpg

再び信楽駅。記念グッズを販売するコーナーなんかも。

ここからは再び信楽高原鉄道で、ちょっと寄り道してみます…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2051-1bd1ff7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)