FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.9 信楽高原鉄道・雲井駅の木造駅舎
P1016747.jpg

信楽から3駅目の雲井駅に木造駅舎が残っているということで、途中下車です。
ここが信楽高原鉄道で唯一の木造駅舎となります。

P1016748.jpg

信楽陶器まつりのポスター。迫真。
しばらくこの画像をラインの画像に登録していましたが、家族に不評なので変えました。

P1016750.jpg

雲井駅(滋賀県甲賀市信楽町牧)
1933年開業。信楽まで開通した際の唯一の途中駅だったみたいですね。
木造駅舎は開業当初からのもの。
外壁は継ぎはぎのようになっていますけど。
正面側の焦げ茶色のが恐らく新しく施工された部分かと…。

P1016751.jpg

駅舎前の木の存在感。

貨物ホーム跡もある雲井駅。
信楽駅と並んで最初に開業したのは、恐らく陶器の積み出しのためでしょうね。

P1016754.jpg

雲井ではちょうどお昼時だったので、昼食を食べられる店を探してウロウロします。

P1016755.jpg

雲井駅周辺の集落風景。

P1016758.jpg

ここら辺にもいくつかの窯元があり、タヌキがたくさん見られます。
もう集落人口よりタヌキの方が多いのでは?というのは言い過ぎか…。

P1016759.jpg

結局国道307号沿いにあったお食事処でお昼にありつきました。
古くからやってそうな小上がりのあるお店で、ほかにお客さんがおらず
広々ゆったりできました。

P1016762.jpg

国道307号の牧交差点から雲井駅に戻る時の風景。
大戸川に架かる橋越しに見える集落は、いかにも信楽焼の里っぽくてイイ。
(思いっきり信楽焼って書いてますしね)

P1016763.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この日も安定の曇天でございます。
何なら小雨も降りました(涙)

P1016768.jpg

再び雲井駅。

P1016770.jpg

日雲神社など、いくつかの見所があるようですが、全部スルーしましたね。
紫香楽宮跡については隣の紫香楽宮跡駅の方が近いと思います。
駅名になってるくらいですからね。
でも駅間距離も短く、ここからも十分歩いて行ける距離ではあります。

P1016772.jpg

雲井からは時間の関係で逆方向の列車に少し乗ってみることに…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2052-894e620c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)