FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 上京遠回り旅 第1回 贄川駅と洗馬駅
P4241037.jpg

新しく、古い旅の記録を始めようと思います。。。
早速矛盾していますが、正直もう2年も経ったのか、と思っています。歳を取りましたね。

2年前の2016年春、週明けに東京で用事があるので、週末を使ってプチ旅をしながら
東京を目指した時の記録です。

まずは名古屋から木曽路へ。
ここは贅沢に新幹線&特急しなので、一気に塩尻へワープ。

P4241043.jpg

そして塩尻から戻りながら木造駅舎等を巡って行きます。
まずは3駅戻って、贄川駅で下車です。
(1828M 塩尻 13:08発、 贄川 13:23着)

P4241044.jpg

P4241046.jpg

贄川駅(長野県塩尻市大字贄川)
1909年開業。渋い木造駅舎は、開業当初からのものでしょうか…?
古くからあると思われる駅舎は、近くにある宿場町・贄川宿にイメージが合うように、
ところどころ手が加えられている、とのこと。

2015年度、一日平均乗車人員は108人。
近年少しですが利用客数が増えているという、ちょっと珍しいローカル駅です。
(2008年くらいに減少が止まって増加傾向になり、2000年あたりの水準に戻りました)

P4241050.jpg

駅前を国道19号線が走っています。

P4241051.jpg

贄川宿の案内図。
宿場町は駅から南へ約350mのところにあります。
そんなに遠くはありませんが、この時は行って帰っての駅訪問の関係で、
贄川では12分間しか時間が取れず、町並みを見に行くことは叶いませんでした…。

P4241052.jpg

キレイに改装され、整然とした印象の贄川駅。
駅としては1985年に無人化されています。(木曽福島駅管理)

P4241055.jpg

こんな可愛い小道具もある贄川駅でした。

上述のとおり、滞在時間12分間で、次の駅へ移動します。
贄川13:35発の塩尻行き普通列車(1831M)にて、2駅移動して洗馬駅へ。洗馬13:45着。

P4241059.jpg

洗馬駅(長野県塩尻市大字宗賀洗馬)
1909年開業。「洗馬」で「せば」と読みます。
端正な木造駅舎が多く残る中央西線、ここの駅舎も見逃せない駅舎。
駅開業当初から100年以上現役で活躍する木造駅舎です。

P4241060.jpg

2015年度、一日平均乗車人員は53人。

P4241065.jpg

高台にある駅から表通り(県道304号線)に出れば、そこが中山道・洗馬宿になります。
…が、ここでも折り返し下り列車に乗るプランで、今度は5分しかないということで、
駅から全く離れることができませんでした…。

P4241066.jpg

洗馬13:50発の木曽福島行き普通列車(1830M)で、南下して行きます。
今回はこんな感じで塩尻~木曽福島を巡って行きます。。。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2062-3124f687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)