FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 上京遠回り旅 第6回 木曽福島の町並み~前編
P4241185.jpg

木曽谷の中心駅、木曽福島で下車します。
特急を含めた全列車が停車する主要駅だけあって、駅前も付近の駅とは
比較にならないほど開けているような印象です。

P4241186.jpg

横長の大柄な駅舎は山小屋風、とでも言うべきでしょうか。
駅舎はホームから一段低い位置にあります。
駅舎を抜けるとそのまま地下通路になり、階段を上がって島式ホームに至ります。

P4241187.jpg

木曽福島では次の列車まで45分間あるので、その時間を使って駅から行ける範囲で
町の散策へと向かいます。

駅にも高低差がありましたが、この木曽福島は木曽川によって形成された河岸段丘に
開けた町で、町は谷間を中心に展開。
駅からは段丘の崖を下る坂道を下りて行くことになります。

P4241188.jpg

木曽福島の簡略地図。

P4241190.jpg

坂道の途中から見下ろす木曽福島の家並み。

P4241191.jpg

旅館さらしなや付近。
このエンジ色の屋根の色が多いのが印象的です。

P4241193.jpg

坂道を下った先、「中山道 関所のまち 八沢」とあります。
八沢エリアに入ります。

P4241195.jpg

木曽ホテル岩屋支店の渋い佇まい。
あ、でもコレ営業されてませんかね…。

P4241196.jpg

八沢はツバメが低空飛行する町…?
天気に関係なく…?

P4241198.jpg

こちらは下ってきた坂道に平行する道。段丘崖のヘリを行く道。
段丘崖にへばり付く家々。

P4241199.jpg

こちらは八沢の町並み。

P4241202.jpg

ツバメさん、いました…。
わざわざ注意書きを出すくらいですので、住み着いている数が多いんでしょうね。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2067-f31c2752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)