FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.4 上京遠回り旅 第8回 戸倉上山田温泉散策~前編
P4241240.jpg

篠ノ井でしなの鉄道に乗換え、戸倉駅へとやって来ました。
ここは以前一度夜に立ち寄って温泉に入ったことがあるので、再訪になります。

P4241241.jpg

以前と変わらない跨線橋の「とぐら」の文字。

P4241242.jpg

片面+島式の2面3線。
旧国鉄の中堅地方駅によくあるタイプ。
意外と山が迫っていますね…。

P4241244.jpg

ここは戸倉温泉と上山田温泉、2つの温泉の玄関口。
千曲川を挟んで東西両側に温泉がありますが、メインは西側。
以前は東側の戸倉国民温泉に入っただけでしたので、今回は昭和レトロな温泉街が
残るというメインの温泉街を歩くため、再びやって来た訳であります。

駅前のタウンアーチは健在でしたが、その脇にあった(いい意味で)ボロい物件が
取り壊されて更地になっていました…。うーむ、残念。

⇒ 2012.12 年末帰省旅 第30回 戸倉国民温泉と169系

P4241245.jpg

はい、場所は駅から飛んで戸倉温泉街になります。
距離は2km程度で普通だったら歩いて行くんですが、日没時間が迫っていたので
時間節約のため贅沢にもタクシーを利用しました…。

P4241247.jpg

温泉まんじゅう屋さん等の商店が並ぶ筋を抜けると、戸倉温泉本通りに突き当たります。

P4241249.jpg

千曲川までの筋には河畔通りのアーチが。
特にコレといったお店などは無かったですが、以前は何かあったのかも…。

P4241250.jpg

戸倉温泉と上山田温泉はホントに隣接していて境目もよく分からないほど。
一応源泉が異なるので別の温泉なんですけど、温泉街としては一体になってますね。

もともと戸倉温泉は千曲川の中洲に源泉があって、これまで温泉地が千曲川の
左岸に行ったり右岸に行ったりしたみたいですね。
で、最終的に今の上山田温泉の隣に落ち着いたそうです。

P4241251.jpg

看板建築と河鹿通りと名前が付いた通り。
戸倉温泉の北端あたり。

P4241253.jpg

河鹿通りにて。
ちょっとノコギリ状に立ち並ぶ家々。

P4241255.jpg

河鹿通りの千曲川河畔側から見ると、「戸倉温泉入口」の文字。

P4241257.jpg

千曲川左岸の堤防上の道。
河川敷が広く、対岸までの距離がかなりある千曲川。
かつては度々氾濫して周辺住民を苦しめたそうです。

P4241258.jpg

河畔から再び温泉街の方に戻り、暗くなるまで歩き回ります…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2069-7ec5057b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)