FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.8 鳴門松山逍遥 第10回 松山市駅の商店街を歩く
P1016526.jpg

夕方の松山市駅に到着。
ホームからは市街地の踏切風景が見られました。

P1016528.jpg

JR松山駅よりも繁華街に近く、実質的な松山の中心駅。
地元の方からは「市駅」と呼ばれ、親しまれています。

P1016529.jpg

2015年度、一日平均乗降人員27,175人は、四国最多を誇ります。
(数値は郊外線と市電の合算です)

P1016530.jpg

松山市駅(愛媛県松山市湊町5丁目)
1888年に松山駅として開業。四国における最古の駅のひとつ。
国鉄の現・松山駅が開業する際には「松山駅」の名称を巡って国と伊予鉄とで
やり合ったようですが、最終的には松山駅の名を国鉄に譲るかたちで、
1927年に現在の松山市駅に改称した歴史を持ちます。

P1016533.jpg

目の前には市電の松山市駅。
ここも同じ駅の扱いになります。同じ鉄道会社の駅だからですよね。
駅には高島屋があったり、周囲は商店街が広がり、オフィス街も多いです。

P1016537.jpg

駅を出て東へ少し進むと、松山が誇るアーケード商店街への入口があります。
ぱっと見は商店街っぽく見えないかも知れませんが、ここが銀天街への入口になります。

P1016541.jpg

銀天街、とても活気があります。さすがは四国最大の町。
ちょうど履いていた靴が限界を迎えていたので、商店街の靴屋さんで一足購入しました。
(2018年の今でも履いている靴です)

P1016550.jpg

銀天街アーケードは約600mほど東西に続き、東端で北へL字に曲がると
大街道アーケードへと続いていく、大動脈とも言えるルートになります。

そのL字に曲がるところ、南の方にも短いアーケードが残っていました。
こちらは南銀天街商店街。メインルートから外れているため、人通りが少し寂しいようです。

P1016552.jpg

こちらがメインルートとなる大街道。「だいかいどう」かと思ったら「おおかいどう」でした。
大街道アーケードも市電の大街道電停まで、南北に600mほど続いています。

P1016555.jpg

P1016557.jpg

途中大街道の東側の区画に怪しい雰囲気が漂っていたので寄り道。

P1016558.jpg

P1016559.jpg

夜のお店が立ち並ぶ歓楽街になっているようでした。

P1016564.jpg

再び大街道に復帰して電停へと向かいます…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2114-162ac779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)