FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.8 スルッとKansaiの旅 第22回 河内長野駅前と、天見駅
P1015675.jpg

富田林駅から近鉄長野線を再び南下。
前に記事に書いた大平和祈念塔は青空に映えますね。曇ると空と同化しそう。。。

P1015679.jpg

そして近鉄長野線の終点、南海高野線と合流する河内長野駅に到着です。
「奥河内」の玄関口とされる河内長野。駅周辺はそこそこ都会な雰囲気ですね。

P1015681.jpg

河内長野駅(大阪府河内長野市本町)
現・南海高野線の延伸で1898年に終着駅として開業。
その4年後の1902年に現・近鉄長野線が延伸して合流。
長らく長野駅でしたが、1954年に町村合併で河内長野市が誕生したタイミングで、
駅名を現在の河内長野駅に改称しています。
駅舎は近鉄・南海共用の橋上駅舎。改札は別々です。

P1015683.jpg

あとから調べると河内長野にも隣の三日市駅付近を中心に高野街道の古い町並みが
残っている事が判明しましたが、当時の自分はそれを知らず…。
16分程度の普通の乗り換え時間しかなく、それでも少しでも駅前を見ようと
本当にサラッとですが写真を撮って来ました。

P1015688.jpg

駅前のノバティながのの北側あたり、ちょっとしたアーケード商店街を発見。

P1015689.jpg

本町(七ツ辻)交差点に向かって西へと伸びていくアーケード。
今の綺麗な駅前になる再開発の影響で駅の出入口の位置が変わってしまった関係で、
人があまり通らなくなってしまったそうです。ちょっと寂しい。

P1015690.jpg

ノバティながのの北へと伸びていく筋も、道幅は狭いながら商店が多く連なり、
人通りも多く活気が感じられました。

P1015692.jpg

さて、16分はさすがに短いですなぁ…。
河内長野からは南海高野線を攻めます。

P1015697_20180827210124fe3.jpg

次に下車したのは木造駅舎が残る天見駅。
この日はこれまで木造駅舎にはあまり縁がない旅になっていましたが、
南海高野線は木造駅舎が中心ネタになります…!

P1015699_20180827210126f06.jpg

河内長野以南は和泉山脈を越える山越え区間になり、列車本数は若干減るものの
一番少ない昼間でも1時間3本は列車が来るので、駅訪問も容易です。

P1015704.jpg

天見駅(大阪府河内長野市天見)
1915年、現・南海高野線が橋本まで延伸した際に途中駅として開業。
木造駅舎(竣工年不明)はかなり古いものを改装しつつ活用しています。

P1015700.jpg

木造の据付ベンチに伝言板。ローカル臭が漂っていて悪くないですね。

2016年度、一日平均乗降人員は403人。

P1015709.jpg

駅周辺は実に長閑。
奥河内の岩湧山への登山口があり、週末には登山客も多く訪れるとか。
あと天見温泉というのもあるようです。

P1015712.jpg

複線に対面式ホームの天見駅。
なぜかピンク色のホーム柵が印象的でありました…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2145-12e4b246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)