FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.6 客家土楼撮影記 第11回 コロンス島散歩
土楼とアモイの旅、今回で最終回となります。

最終日の午後、フライトまでの時間を過ごすのはアモイ沖に浮かぶコロンス島です。

中国語では鼓浪島。アロー戦争後に開港させられたアモイにおいて
列強各国の共同租界地として利用されたのがこのコロンス島。
中国でありながら洋館が立ち並ぶ様子は、かなり独特なものと思われます。

P6127206.jpg

アモイのメインスポットである中山路から歩いて5分くらいのところにある
フェリー埠頭から渡し舟で約5分、あっという間の到着です。
渡し舟は往復8元、支払いは帰りに。
日曜日だったからか、コロンス島との渡し舟の乗船率はかなりのもの。
船は2階建てになっていて、2階は追加で1元を払うことになってるんですが、
2階の乗船率もかなりあって快適な船旅、という訳にはいきませんね…。

P6127216.jpg

島に渡ると取りあえずそこら辺で売られていた島の地図を購入。
滞在約1時間半の島をフラフラと歩き回ることにします。

P6127219.jpg

雨が降ってかなり蒸し暑い島内。
こんな感じの石畳の道を歩いて行きます。
港に近い場所は観光客がかなり多い印象。

P6127230.jpg

蒸し暑いですが、緑が綺麗な洋風な散策路を歩きます。
島で買った地図は詳しいにも関わらず、とても見辛くて苦労しました。
多分島の道がくねくねしているので迷い易いんでしょうかね???

P6127228.jpg

洋館の並ぶ雰囲気の良いコロンス島は、結婚記念撮影地として大人気。
中国の人々は、結婚に際してプロのカメラマンに正式な(恥ずかしい)写真を
撮ってもらうのが一般的で、この写真撮影にかける意気込みは我々日本人には
理解しがたいものがあるのが正直なところです…。

P6127223.jpg

男女のバランスが取れていないのも中国ではよくある現象です。
何気にゴミ箱の前で撮影されてますが、あまりそこは気にしないようです?

P6127231.jpg

このカップルの衣装はありえんでしょう。

P6127237.jpg

このような感じで結婚写真撮影カップルを冷やかしながらの散策です。

ここコロンス島は環境保護の為に人口が約2万人に制限されていているだけでなく、
車両の通行も制限されていて島内には消防車以外の車両は基本的にはありません。
観光客用にソーラーカー?が島内を走るくらい。
建築関係の人々が大きな資材を積んでリヤカーを引く姿が島内随所で見られます。
一般車両通行不可だと業者さんは大変ですね…。

あと、コロンス島は約2万の人口に対して約600台のピアノがあるらしく、
ピアノ密度世界一という島だそうです。本当かどうかは分かりませんが。
著名なピアニストも輩出している島には、ピアノの練習の音が響いているようですが、
自分たちの散策中にはその音を耳にすることはできませんでした。

P6127243.jpg

丘の上に見えるのは「日光岩」と言うコロンス島随一の景勝地です。
この岩の上からはコロンス島の洋風の家並みと海を挟んだ対岸にアモイの
ビル群が臨めるようです。今回は時間がなくて省きましたが、次回は是非行きたいです。
60元の入場料はかなり高いような気はしますが。

P6127246.jpg

洋館だらけのコロンス島で何故か一番惹かれた家。

P6127255.jpg

こちらは廃墟になった洋館。

P6127258.jpg

1、2時間あれば外周を一周できるほど小さなコロンス島ですが、
適当に歩き回っていると1時間半ではやっぱり時間が足りませんでしたね。
お洒落なカフェもあるし、少なくとも半日はかけてゆっくりするのが良い島かな、
と思います。


この後、フェリーでアモイ側に戻り、夕方のフライトで香港へと戻りました。
因みにアモイ市街から空港へはBRTを利用。
県后路で下車後にすぐ近くから出る空港シャトルバスに乗り換えて
所要は約45分ほどでした。渋滞だらけのアモイにあって、
これは時間が読める良いルートかと思いましたね。


以上、長々と続けてしまった土楼の旅ですが、これにて終了です。


スポンサーサイト





コメント

土楼とアモイの旅、堪能させていただきました。
海外旅行をしたこともなく、多分今後もしないであろう能天気夫婦
すばらしい写真と文章でしっかり堪能させていただきました。
感謝、感謝!
[2011/07/01 23:28] URL | テルル #LogKjSjk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>テルルさま

コメント有難う御座います。
こんな記事でも楽しんで頂けて嬉しいです。(調子に乗ってしまいます)
自分は中国語使いなので、どうしても中国方面への旅行に行きがちなんです。
自分としては日本で行きたいところが山ほどあるので、
日本に腰を落ち着けていろいろ行きたいところなのですが…。
そういう意味でテルルさんやmamさんを羨ましく思ってますよ。

まだ海外ネタ、というか中国ネタがありますので、また見てやって下さい…m(_ _)m
[2011/07/02 12:11] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/216-a6e61c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)