FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.12 飯田線駅巡り 第7回 浦川の町並みと上市場駅
P1019474.jpg

浦川の町歩き編になります。

上の写真は、天竜川の支流である大千瀬川に架かる吊り橋。
川の中州が浦川キャンプ村というキャンプ場になっているみたいです。

P1019476.jpg

町の中心を貫く県道1号線に沿って歩きます。
沿道には民家が密集して立ち並んでいて、見応えがあります。

P1019480.jpg

浦川は別所(現・東栄)と秋葉街道を結ぶ古い街道に開けた宿場町。
古い家並みに当時の面影が感じられます。

P1019482.jpg

ただ、かつて栄えた姿は今はなく、年々衰退しているのが実情のようです。
地方山間部はどこも似たような問題を抱えていて、悩ましい。。。

P1019487.jpg

カーブと起伏のある宿場町の風景。
立体感があると、平面よりも何倍も魅力的に見えるから不思議です。

P1019489.jpg

浦川の町並みは、駅前から約600mくらい続きます。

P1019490.jpg

豪華な装飾。

P1019491.jpg

ふと脇の細道をのぞくと、そこには素敵な木造レトロ建築が佇んでいて興奮。
調べてみると、こちらの物件は旧浦川郵便局だそうです。
うーん、素晴らしい出会いに乾杯。

P1019496.jpg

浦河集落を抜けたところ。
おばあちゃんがお二人、どちらへ向かわれるのでしょう…。

P1019498.jpg

天竜川の支流である大千瀬川の更に支流になる相川。
水の透明度が半端ないですねぇ。夏だったら泳いでみたい。

P1019503.jpg

このまま飯田線の線路に沿って歩き、隣の上市場駅へと向かいます。
浦川駅と上市場駅は徒歩ルートで約1.6kmということで、25分あれば余裕ですかね。

P1019509.jpg

こちらが上市場駅の駅前通り。
民家の裏手に駅があって、案内板が無ければなかなか見つからないと思われます。

P1019516.jpg

ひっそりとした上市場駅。
片面ホームのみの棒駅です。

2016年度、一日平均乗車人員は10人とかなり少なめ。

上市場12:38発の普通列車で再び奥地へ移動開始。

P1019519.jpg

途中の城西駅も木造駅舎が残る駅ですが、今回こちらは列車から見るだけ…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2212-8c474b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)