FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.12 飯田線駅巡り 第8回 3度目の小和田駅
P1019563.jpg

飯田線の旅は初日の午後の部へ。
上市場12:38発の普通列車519Mは豊橋始発で岡谷までを6時間50分かけて走破する
長距離列車。これに乗って飯田線のハイライトとも言える秘境駅エリアへ。

P1019558.jpg

そして次の訪れたのが、もうこれで3度目になる小和田駅。

初訪問は大学時代でフィルムカメラを使っていたためブログ記事はありません。
2回目は社会人になってからで、この再訪は記事にしてます。

http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/blog-entry-249.html
↑ 2008.9 秘境駅を歩く 第3回 ランキング2位・小和田駅

P1019526.jpg

そんな小和田駅になぜ3度目の訪問を決めたか。
それは、一眼での撮影をした事がなかったから。
まともな写真が無いんで、改めて撮影しにやって来た次第。

まぁ、初訪問が中井侍からはるばる歩いて苦労してやって来たのもあって、
個人的に思い入れがある駅、というのも大きいかと。

P1019527.jpg

小和田駅の基本情報は前回訪問記事に書いてあるので割愛します。

P1019528.jpg

カーテンで閉ざされた窓口ですが、塞がれておらず、往時の姿を今に留めています。

P1019534.jpg

過去の訪問時にコメントを書いた思い出日記。
探しはしませんでしたが、この冊子の山の中に、若かりし自分の一言があるはず。
一体何を書いたのか、今となっては何も思い出せません…。

P1019539.jpg

駅の外の無人地帯。
最寄りの塩沢集落は、この右の道を進んで軽く300mの高低差を上った先。

P1019542.jpg

沿道にある廃屋。

P1019544.jpg

小和田駅近くにある製茶工場跡。
いくつかのフォトジェニックなアイテムが残されていました。

P1019548.jpg

小和田駅へと続く、駅前通り。

P1019550.jpg

始めて訪れた13年前くらいと変わらない姿。
雅子様ブームが終わってしばらくしたら秘境駅として注目され、
時々訪れる物好きな来訪者を迎え続けて来たんですねぇ。

P1019552.jpg

この駅から幸せへと旅立ったお二人。

P1019555.jpg

在りし日の小和田の写真。
少し破れてしまっているのが残念…。

P1019556.jpg

小和田発ラブストーリー。
世の中が目まぐるしく変わっていく中、変わらずそこに在り続ける小和田駅。
また次の機会が何年後か分かりませんが、再訪の際にはまたこのままの姿で
迎えてくれたら、と、そう思います。。。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2213-2b19d3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)