FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.12 飯田線駅巡り 第22回 沢渡駅の木造駅舎
P2010050.jpg

伊那市から2駅戻って沢渡駅で下車。
沢渡で「さわんど」。当然この木造駅舎を拝むのが目的です。

P2010052.jpg

相対式ホームの2面2線。
駅舎前に構内踏切がある自分好みの構造です。

P2010054.jpg

沢渡駅(長野県伊那市西春近沢渡)
1913年開業。木造駅舎は駅開業当初からのもので、正面に少し増築が施されていました。
増築は1967年に現・伊那西高校が近くに開校したため利用客増に対応したものだそうです。

P2010057.jpg

駅舎増築部分の内壁には鮮やかな絵が描かれておりました。

P2010060.jpg

建物財産標には大正2年(=1913年)とあります。

P2010061.jpg

2013年に無人駅になり、窓口は閉ざされました。
2016年度、一日平均乗車人員は552人。
学生さんが多いんでしょう、町の規模からすると利用者数は多いと思います。

P2010062.jpg

駅前通りを北方向に向いて撮影。
踏切を渡って先に進むと国道153号線に合流します。
当時知らなかったんですが、その国道沿いの町並みがなかなかレトロだったようで、
今更ながら見逃して後悔しています。2年越しに。

P2010063.jpg

まぁ、沢渡では逆方向の列車までの21分間しか滞在時間がなかったので
散策は無理だったんですけどね。
町並みのことを知っていたら、もっと滞在できるプランを組んでいたかも知れません。

P2010064.jpg

駅前通りを南に向いて撮影。西春近郵便局のある通り。
駅の住所になってますが、ここは1965年に伊那市へ編入されるまで存在した
西春近(にしはるちか)村だった場所。多分沢渡が村の中心だったと想像します。

P2010068.jpg

駅に近いところをプチ撮り歩き。
塩沢家具センターさんの佇まいに惹かれました。

P2010074.jpg

そしてここで驚愕の事実なのですが、沢渡駅の木造駅舎は「駅舎改良工事」として
2018年5月に解体されているようです。改良というか改築ですね。
改良後のイメージがありませんが、簡易駅舎になる可能性が高いでしょうね…。

解体前に訪れることができて良かったと思う以上に、残念な気持ちになりますね。

P2010076.jpg

木造駅舎改築情報はこまめにチェックしてるんですが、情報がアップされるということは
すなわち駅舎ファンとしては残念な話なので、「情報がアップされないこと」を期待して
毎回チェックしているという複雑な状態になっています。。。

P2010078.jpg

沢渡11:06発の上諏訪行き普通列車(219M)で一気に飯田線の北端へ…。

写真は伊那松島駅。ここも木造駅舎ですけど大幅に改装されてるみたいですね。
もう一度飯田線を巡る機会があれば訪問候補地になるでしょう…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2228-07bb7a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)