FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2016.12 飯田線駅巡り 第23回 川岸駅の木造駅舎
P2010088.jpg

飯田線は辰野までですが、ほとんどの列車は中央線に直通して岡谷や松本方面へと
向かいます。自分が乗る上諏訪行きも岡谷方面へ。
そして辰野~岡谷間にある唯一の駅、川岸駅がこの旅最後の訪問地となります。

P2010082.jpg

落ち着いた木造駅舎が迎えてくれる川岸駅。11:51着。

P2010092.jpg

所属は幹線である中央本線ですが、みどり湖経由の短絡路線が開通してからは、
優等列車はみなそちらを経由するようになり、川岸駅は静かなローカル駅となりました。

P2010093.jpg

島式ホームの1面2線。
ホーム上屋は木造で見応えあり。

P2010095.jpg

跨線橋を渡って駅舎前へやって来ました。
ホーム越しに見えるのは、天竜川の対岸にある川岸の集落になります。

P2010096.jpg

P2010097.jpg

川岸駅(長野県岡谷市川岸東)
1923年、岡谷~辰野間に新設開業。
淡い緑色の屋根に「川岸駅」の文字。
木造駅舎の竣工年は不明ですが、開業当初からのものですかね、恐らく。

P2010098.jpg

駅舎出入口の上に掲げられたひょうたん型の駅名板。
力強い字体、渋くて格好いい。

P2010099.jpg

駅は1984年に無人化されていて、窓口は全て塞がれた状態。

2011年度、一日平均乗車人員は91人。
データが古いですね…。

P2010106.jpg

川岸駅から少し北に歩いた場所から北の岡谷市街の方を向いて撮影。
流れる天竜川はこの飯田線の旅でずっとお付き合いしてきた川ですが、
秘境区間の不気味な感じと比べると、上流のこの辺は普通の川といった印象です。

P2010108.jpg

エンジ色のトタン屋根の、惹かれる物件。
民家にしては大規模だなぁと思いましたが、調べてみるとこれは前後で別の物件で、
手前がデイサービス、奥が幸福の科学の支部だったようです。

P2010111.jpg

さて、川岸駅でこの時間に下車すると、次の岡谷方面行きまで2時間あいてしまいます。
岡谷市バスも路線はあるもののダイヤが合わず断念。
ということで、岡谷駅まで距離約4kmを徒歩移動するプランを組んだのでした…。

あとは歩いて岡谷に行くのみ。
次回が今回の旅行記の最終回となります…。




続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2229-887c07e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)