FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.10 雲海の備中松山城
P1014416.jpg

2018年最後は、今年の秋に撮影した雲海の備中松山城の写真で終わろうと思います。

岡山県高梁市にある備中松山城は日本三大山城のひとつ。
標高430mに築かれ、日本で唯一天守が残る山城になります。

2016年の大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像にも使われ人気が出ましたね。

P1014418.jpg

高梁は霧の町。
秋から春にかけての早朝には頻繁に霧が出て、町がスッポリと霧に包まれます。
さすがに毎日という訳ではなく、もちろん雨だと出ませんし、前日の最高気温との
気温差が大きい晴れの日の朝、が目安でしょうか。

そんな高梁にある備中松山城ということで、雲海に浮かぶ天守の絵は
アマチュアカメラマンの憧れでもある訳です。
今回は機会に恵まれ、ちょうど雲海が出るであろう朝に時間が取れたので
備中松山城の撮影ポイントである備中松山城展望台(雲海展望台)にやって来ました。

P1014427.jpg

時期は10月初旬、平日の早朝。
日の出はだいたい6時ちょうどくらい。
車で日の出の少し前に現地入りすると、すでに先客が数台。
この備中松山城展望台は道路から歩いてすぐのところにあってアクセスは容易。
駐車場は4-5台分くらいしかありませんが、道幅が広い道なので片側に路上駐車は可能。

行ってみると写真のとおり、霧が出すぎてお目当てのお城が見えない状態。
先客のカメラマン曰く、日の出前は霧がなくて撮影できたみたいです。
霧は陽が出て来るとだんだん薄くなって晴れて行くんですが、晴れ具合はその日次第。
7時くらいにお城が見える日もあれば、9時くらいまで待つ日もあるんだとか。

展望台は2層になっていて15~20人くらいなら問題なく撮影できそうです。
この日は平日でしたが20人近くいましたかね。

P1014432.jpg

待つこと1時間、7時くらいに霧が少し薄くなって天守が姿を現しました。
薄い霧がかかった状態なので、まだハッキリとは見えていません。

ずっと待ってたので、姿が見えた時、皆のテンションが一気にあがる感じがイイですね。

P1014433_2018121609501209f.jpg

お城があるのはこの位置。
右から中央にかけての尾根はずっと見えてましたが、お城はその左奥あたり。
正直どの場所に見えるのかよく知らないまま待っていたので、そこかよ!と思いました。

P1014447.jpg

そして再び濃い霧に包まれる高梁市内。
遠くの山並みを撮りながら暇を潰します。

P1014451.jpg

結局そこから更に待つこと約1時間半、8時40分頃ですかね、再びその姿が拝めました。

P1014455_20181216095022c0a.jpg

今度は7時頃よりも霧が晴れてよく見えました。
まぁ完全には晴れていませんけど…。

P1014457.jpg

時間的にここらが限界だったのでラストチャンスと思い、シャッターを切りまくり。

9時くらいまで待つ日もあると聞いていて9時前まで待った訳ですから、
この日は霧が濃すぎたってことですかね。。。

P1014458.jpg

念願の雲海に浮かぶ備中松山城、撮影がかなって感無量。
ベストな絵ではないかもですが、個人的には満足です。

既述のとおり霧は時間さえ経てば晴れるものなので、時間制限がない方は
待ってさえいればいつかはお城を拝むことは可能。
雲海の具合はその日次第。神のみぞ知る。
だからこそ通いつめるアマチュアカメラマンも多いのでしょう。

P1014460.jpg

以上、雲海の備中松山城でした。

そしてこれにて2018年の記事アップは終了でございます。
今年も当ブログにお越し頂いた皆様には厚く御礼申し上げます。
来年は平成が終わって新しい時代が始まりますが、当ブログは変わらないスタンスで、
細々と続けていけたらいいなぁと考えております。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2234-813cde20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)